柳井正の名言|世の中を変えるにはナンバーワンでなければならない。

世の中を変えるにはナンバーワンでなければならない。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

短距離走はわずか10秒で終わります。けれど準備の冬期練習10か月前から始まる。裏を返せば、身体づくりも戦術も時間をかけ、じっくり積み上げなくてはなりません。本番直前にジタバタしたところで「勝負は決まっている」んです。

朝原宣治の名言|本番直前にジタバタしたところで「勝負は決まっている」


営利組織たる企業が利益を追求するのは当然としても、目先の数字のために労働者の権利を犠牲にすることは断じてあってはならない。あるいは政治家が選挙のために日和見になり、本当に必要な政策から目を背けてはならない。

神津里季生の名言|本当に必要な政策から目を背けてはならない


食品業界というのは本来儲かるものなんですよ。前職で医療機器や医薬品といつたへルスケア業界にいましたが、その次くらいに社会に役立ち、利益を上げやすい業界だと思っていました。テレビがなくても生きていくのに困りませんが、食べ物はなければなりませんから。実際、海外に目を向ければ、食品会社はどこも高収益を上げている。グローバルな食品メーカーは営業利益率が1 5 % 程度に達しています。

松本晃の名言|海外企業と利益率を比較してみることも大切


未練が老醜のはじまりでないだろうか。

中野重治の名言|未練が老醜のはじまりでないだろうか。


人は何のために働くのでしょうか。それは自分を成長させ、ひいては社会に何らかの貢献をするためです。たくさんのお金を得るとか、地位を得る、名誉を得るといったところには、本質的な幸せはありません。それはあくまでも自分自身の欲を充たすという部分的な快感でしかない。しかし、人のため、世のために貢献するというところには、全人的な点から非常に大きな喜びがあります。自分が少しずつ成長し、世の中への貢献度を高められる喜びほど大きいものはほかにない。

佐々木常夫の名言|たくさんのお金を得るとか、地位を得る、名誉を得るといったところには、本質的な幸せはない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ