柳井正の名言|ビジョンなき事業は売った方がいい。

ビジョンなき事業は売った方がいい。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今はメインの工場が中国にあるんだけども、そこで作った商品は日本向けだけじゃなくて、OEM(相手先ブランドによる生産)でロシアや欧州にも出荷しています。そっちは原価販売で、利益を出さなくていいと言ってね。それで生産量を確保して、コストを抑えて利益を取る。ほかはここまでできないでしょう。

水野泰三の名言|利益が出なくても他社のOEMをしている理由


部下にどんどん課題を提案させる。その提案がダメだったら、上司はそのときに「ダメだ」と言えばいい。時には食い下がって、上司と部下が仲良くケンカすればいい。

渡辺捷昭の名言・格言|上司と部下とで仲良くケンカする


どんな練習をしたときに自分は伸びたのか。これはすごく大事なこと。プロに入れば、まずは全員が同じ練習をやるわけですが、漠然と取り組むのと自分の特徴に応じた練習を頭に置きながらやるのとでは、効果の出方に大きな違いが出る。

工藤公康の名言|漠然と取り組むのと自分の特徴に応じた練習を頭に置きながらやるのとでは、効果の出方に大きな違いが出る


施設自体についてもお客様に飽きられないよう、非日常的空間の演出を行い、さらに陳腐化しないよう定期的にリニューアルを実施しています。

吉田正弘の名言|お客様に飽きられないような対策を


企業が多国籍化し多様化した現在、「産業」とは「企業」の集まりを意味しない。産業とはむしろ「現場」の集まりである。どの国にどの現場を持つかに関する企業の意思決定の集積が、各国の産業構造を決めるのである。とりわけ、設計現場の立地決定が、産業の存否にとってこれまでに増して重要である。

藤本隆宏の名言・格言|産業は企業の集まりではなく現場の集合体


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ