柳井正の名言|ビジョンなき事業は売った方がいい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジョンなき事業は売った方がいい。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ほとんどのケースは、「引き返せる決定」のはず。「引き返せる決定」なら、悩まずに、どんどん決めてしまっていいと思います。間違っていたとしても、あとから直せば良いからです。スマートフォンのアプリが発売後に何度もアップデートされるように、今は、世の中自体が「早く出して、ダメならあとで直せばOK」という手法に変わってきていますからね。この世の終わりになるような決定は、会社員の仕事にはほとんどありません。

我が社にも、若い営業マンが飛び込み営業にやってくることがよくあります。私は営業コンサルタントという仕事柄、時間が許せば自分の方から声をかけて話を聞くことも多いのですが、挨拶だけで帰ろうとする営業マンがいかに多いことか。キーマンである社長が目の前にいるのに何の提案もしないのでは、いったい何のために来たのかと思います。

私の勇気を褒めてくださる人々に申しあげたいのは、私が、ハンセン病者の体に触れ、言いようのない悪臭を放つ膿の流れる体に触れるたびに、聖体でいただくキリストと同じキリストの体に触れているのだと確信なしには、その勇気はあり得ないということです。

クリエイターにとっては、積み上げてきたものが最後の最後でひっくり返るのは恐怖でもあります。しかし、僕は作家的な態度で仕事をしているアートディレクターではありません。発注した人に納得してもらった方がそのブランドにとっていいと思っています。ただし、なんでもかんでも発注者の意見を聞くわけではなく、変えてくれと言われても、よくないと思ったら、相手にその旨を伝えてとことん議論します。

オリックスは株式の大半を内外の機関投資家が所有しています。それはもう、ありとあらゆることを言ってきます。ただ、それによって気づかされることもありますし、厳しい株主と正対したことが経営者としての私を形作ったとも言えます。投資家の視線が企業と経営者を磨くのです。

ファシリテーターは要するに進行役だが、単なる司会者ではなく、時間内に結論を導き出す技術責任者と考えてほしい。

ツイッターを使う際にぜひ覚えておいていただきたいのが「ホモフィリー(同質)」です。これはネットワーク研究で重要とされるコンセプトで、「人というのはネットワークをつくる際に、自分と同じような人を選びがちである」というものです。ツイッターは一方的に誰でもフォローできるわけですが、それがゆえに、自分と同じ意見・嗜好を持っている人をフォローしがちです。それを痛感するのは、昨今の原発賛成・反対に関する議論です。私がツイッターでフォローしている方々の中には賛成派も反対派の方もいますが、やはり賛成派は賛成派の方を、反対派は反対派の方をフォローしがちなようです。したがって賛成派の方の周りには賛成の人が集まるので、結果「それが世の総意だ」と錯覚しがちなのです。反対派もまたしかりです。ツイッターをフル活用し、幅広い情報を得るためには日頃は興味が湧かない人、自分と正反対の意見を持つ人も敢えてフォローしてみることをお勧めします。

ページの先頭へ