水越豊の名言|定量化してから議論する

このエントリーをはてなブックマークに追加

とくに企業組織の場合、担当者の立場によって課題が異なることがあります。品質担当者が「品質低下は絶対に認められない」と言い、営業担当者が「そんな商品は売れない」と言い合っていたら議論になりません。そこで定量化するのです。たとえば製造方法を変えるといくらコストが下がり、販売予測はどのように変化するのか。数値に置き換えて説明する。そこではじめて、同じ土俵に上がって議論ができるようになるのです。


水越豊 の経歴

水越豊、みずこし・ゆたか。日本のコンサルタント。「ボストン・コンサルティング・グループ」日本代表。東京大学経済学部卒業後、新日本製鐵(のちの新日鐵住金)に入社。スタンフォード大学でMBAを取得。ボストン・コンサルティング・グループに入社。著書に『BCGの戦略コンセプト 競争優位の原則』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もともと、気持ちの切り替えはそれほど下手ではないですね。サッカーは失敗のスポーツですから、もちろん反省はしますが、いつまでも引きずってはいられません。私は愛煙家なのでタバコを吸ってリラックスし、一晩寝ればすぐに切り替えられます。

形だけではダメですが、心を形にすることも大切。

世の中には他人のことを軽く見て、なめた態度をとる人もいます。相手に敬意を払わず、常に見下せるきっかけを探しているタイプです。その人自身の未熟さが原因なので相手にしないのが一番ですが、職場ではどうしても接しなければならない場面が出てきます。そのときは、肝の据わった態度をとりましょう。どっしり構えて、何がこようと大丈夫、かまわないという気持ちでいることです。相手は自分の投げかけにどう反応するかで、見下すきっかけを探しています。その挑発にいちいち反応しなければ、そのうち諦めて「この人はちょっと違うな」と一目置かれるかもしれません。

営業するときに断られた先で「おたくのライバルはどこですか?」と尋ねて、Aホテルだと聞くと、今度はすぐにそちらを口説きました。その結果、ライバルホテルが僕らのサイトに登録すると、それを見て最初は断ったホテルも、その気になったりします。最初は思いつきでやったことですが、いろいろなホテルに登録してもらいました。

小さい頃から自分の中では、絶対にプロのバスケット選手になるって決めていた。好きなことを仕事にできるなんて、こんなに幸せなことはないと子供ながらに感じていたので。だから高校を選べると分かった時は絶対に一番強いところに行きたいと。

来年は創業90周年、その10年後には100周年を迎えます。いままで計画していた鉄道路線の大型投資はほぼ完了し、今後は鉄道収入から得られる安定的な収益を再投資して沿線の方々に喜んでいただけるものを継続的につくり、沿線地域の付加価値を高め、さらに多くの方々の方々を沿線に引き付けて街を活性化させる。そのサイクルを回し続けることが、我が社の使命であると考えています。

ネガティブな感情は、記憶に残りやすく、それに伴って疲労感も増します。一方、楽しかった、嬉しいなど、プラスの記憶は忘れやすい傾向があります。しかし、レム睡眠には、この嫌な記憶を和らげる効果があります。レム睡眠では、扁桃体(へんとうたい)という感情を司る部分の機能が低下。マイナスの感情を薄れさせます。ネガティブな感情を取り消すようあれこれ頑張るよりも、ひと晩寝るほうがよっぽどストレス解消になります。

ページの先頭へ