谷所健一郎の名言|変化の激しい時代に上の世代が必要とされること

あらゆる物事が激しく変化する現在、それへの対応力や柔軟性という点では若い世代に一定の分があるでしょう。だとすれば上の世代は、専門性や管理能力といった独自の存在価値を発揮していかねばなりません。そのベースとなるのは、まさに経験です。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人類がさらなる発展をしていくためには、今後起こりうる問題や課題に取り組む「時間」をどうやって作り出すかが最も重要なテーマ。

デアンコウ・ロセンの名言|問題や課題に取り組む「時間」をどうやって作り出すかが最も重要なテーマ


私が最初に手がけたのは、美容師を集めてのイベント「美容師ナイト」でした。そこに多くのモデルやアーティストが集まってきて、じゃあその人たちをマネジメントしようという話になった。それで法人化したのです。つまり元をたどればイベントだったものが、アメーバのように広がっていって、今に至るわけです。これもまた、「ものさし」を決めなかったからこそだと思います。

中川悠介の名言|ものさしを決めずに進める


これは経営の師匠といえる方から教えていただいたのですが、「何かあったら逃げられる」ようにしておくことを重視しています。たとえば2号店の賃貸契約は5年間入居し続けるという縛りがあります。でも、5年というと長いので、どうなるかわかりません。そこで2号店だけ別会社にしているんです。ひとつの会社で全部やっていたら、そこが駄目となると全部倒れてしまうけど、別の法人をつくっておけば、最悪その会社だけ売っても本体は残ります。もし会社が潰れたら芸人活動にも響いてきますから、小さくても堅実にやっていきたいんです。

たむらけんじの名言|リスクヘッジを考えることの大切さ


交渉相手の人物を知ることは、交渉の担当当事者の地位や実力をチェックすることです。事前交渉を重ねた人物が本当に決定権を持っているのかどうかを見極めなければいけません。肩書と真のランクとが一致するとは限りません。

田中均の名言・格言|交渉相手に決定権があるか見極める


一番頭を使うのは、義務だと感じなくする工夫ですね。プレー中はどんな小さなことでも、前の日と何か違うことをみつけることを考えます。

梅原大吾の名言|どんな小さなことでも、前の日と何か違うことをみつける


思考のあり方を変えれば、悩まなくなる可能性があります。たとえば、ある事実に直面したとき、それを問題ととらえれば悩みに至りますが、問題ととらえなければ悩みに至ることはありません。そうした思考転換が実現できれば、私たちは悩みから解放される可能性があるということです。

奈良雅弘の名言|悩みから解放されるには、思考転換をする


固定概念を持たないで、あるべき姿から発想できるのも企業家の条件。

角田識之の名言|固定概念を持たないで、あるべき姿から発想できるのも企業家の条件


2000年代の前半に、あまりにも技術志向に走りすぎた時期がありました。たとえば2003年に「R2」、2005年に「R1」という軽自動車を売り出していますが、これがほとんど売れなかった。スバルらしい個性的で面白いクルマではあったのですが、「自分たちがつくりたいクルマをつくる」ことにあまりにも偏りすぎて、お客様のニーズをほとんど考慮していないクルマでした。その当時、軽自動車に乗るお客様はコスト志向、スペース志向であることがマーケティングデータにはっきりと表われていました。つまり「安くて広いクルマ」が求められていたのです。しかし「R2」「R1」は正反対のクルマでした。データとは異なる志向をもっているお客様もいるはずだという「仮説」に基づいてつくられたクルマでした。この失敗から、こんなことをやっていては会社が潰れるぞという危機感が生まれたのです。

吉永泰之の名言|お客様のニーズに合わなければ会社がつぶれる


「旧」の部分を知らないと新たなこともできない。

佐藤有美の名言|「旧」の部分を知らないと新たなこともできない


昔の日本人と今の日本人は変わったのではないか。かつて、ザビエルが日本へ来て、ポルトガル人は日本人が好きになりました。その後時を重ねて、戦前、フランスの詩人ポール・クローデルが同じ詩人のポール・ヴァレリーに、自分は世界の中でどうしても滅んでほしくない国がある。それは日本だと言ったんです。「彼ら(日本人)は貧乏だけれどもノーブル(高貴)だ」と。私自身も含めて非常に恥ずかしい思いがする。日本は、戦後立ち直って経済的に豊かになったかもしれないけれど、貧乏だけれども高貴だというのとは逆に、金持ちだけど下品だということになっていないか反省する必要がある。何か日本人が薄っぺらになった感じがしてね。

長岡實の名言|金持ちだけど下品だということになっていないか反省する必要がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ