谷所健一郎の名言|資格の取得を目的とするのは本末転倒

資格や検定結果はキャリアの一部分。大切なのは生かし方です。まず、身に付けてきた技術、知識の習熟度を確認するのに、資格や検定はとても有効。自身の立ち位置が分かれば、その先の指針も見えてくるでしょう。また転職活動でも、資格などはときに強力な武器になります。ただし、その取得を目的とするのは本末転倒。勉強をしているうち、「何のために」を見失ってしまうというのは案外はまりやすい落とし穴です。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は今も経済の専門家でもなんでもありません。企業小説、経済小説を書いている作家で、経済については素人です。だからこそ、すぐに好奇心が刺激されるし、誰にでも「教えてください」と平気で訊ねることができます。

高杉良の名言|素人だから好奇心が刺激される


なすべきことは山ほどあります。あらためて身近なところから、見つめ直す。磨き直す。「宝物」は身近にあります。

小池百合子の名言|「宝物」は身近にある


自分一人の発想には限界がありますが、それを他人に伝えて一緒に考えてもらえば、限界が2倍に広がります。

築山節の名言|人に意見を求める利点


バブルが崩壊した時、日本中を回って100年、200年も続いている店を見て回りました。そういう店には根っ子があるんです。人間も同じで、人を幸せにするには金銭とかではなく根っ子を育ててあげることだと思ったんです。

青谷洋治の名言|根っ子を育てることが大切


創業者に「仕事で利益は求めるな」と言われました。はじめの頃は正直よく分からなかった。営業で断られると自分が傷つけられたような気分になりますよね。つらくて教師に戻ろうと何度も思いました。しかしあるお店で「そんなに言うなら使ってみよう」と当社のマットを採用してくれました。そのとき、「商品がいいだけじゃなくて、あなたが一生懸命だから、あなたを信頼したのです」と言ってくださった。商売はモノを売ることではないのだと、創業者の言葉を思い起こしました。

山村輝治の名言|商売はモノを売ることではない


世界のどこでも、いかなる年代のどのような地位の人に対しても、100%通用する「黄金の法則」があります。それは相手をいい気分にさせること。そうすれば相手はあなたを好きになり、助けてくれます。

ジャック・シェーファーの名言|世界中どこでも通用する黄金法則


上司と従業員の関係を向上させる唯一の方法は、上司がメンバーの個々人の強みに基づくマネジメント手法に変えること。そして、それぞれのマネジャーが抱えるメンバーの熱意の状態に責任を持たせることだ。そのためには、従業員の熱意の状態と、個々人の強みを知るところから始める必要がある。その上で、例えば「あなたのチームの熱意スコアを期末までに何%まで上げなければ、マネジャーを外れてもらう」と伝えれば、スコアは上がるはずだ。

ジム・クリフトンの名言|上司と従業員の関係を向上させる唯一の方法


いかにカネをかけずに売り上げを増やすかを志向するのが通常の企業買収ですが、私はM&Aをそのような「足し算」では見ていま公せん。M&Aは一緒になることで価値を高め、さらに飛躍できる「掛け算」であるべきだと考えているからです。だから、現時点でいくら利益を出していても成長の余地がない会社には手を付けません。

豊田昌洋の名言|M&Aは一緒になることで価値を高め、さらに飛躍できる「掛け算」であるべき


月数百円と侮るなかれ。先日、ある富豪の方が「500円をあと30年払うと18万円になるんですよ」と憤っていました。要するに、お金を持っている人ほど、お金にシビアなのです。固定費(毎月の定額支出)は月単位ではなく、ロングスパンで支出を捉える癖をつけましょう。

横山光昭の名言|固定費はロングスパンでとらえる


僕の場合、仕事は30歳前後から面白くなってきました。いろんなことを体験して、自分の感覚とか、立ち位置みたいなものがつかめるようになってから。

柳井正の名言|仕事は30歳前後から面白くなってきた


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ