谷所健一郎の名言|転職成功の秘訣

転職するときは自分中心ではなく、転職先となる会社中心の発想を持つこと。行きたい会社がある。キャリアの棚卸しもできた。ここまではいいでしょう。しかし、その二つをうまくつなげられない人がとても多い。単にこれまでの経験や経歴を羅列しても、企業側には響きません。企業が知りたいのは、「それがうちの会社でどう生かされるのか」ということです。転職となると、「自分はどうステップアップできるのか」を考えがちですが、自分が何を「得られるか」ではなく、相手側に何を「与えられるか」を明確にイメージし、それをしっかり伝える――。これが転職成功の秘訣です。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現在のネット業界はサービスを作っても、育てるのに大きな資金が必要。だから、(有望なスタートアップは)DMMのグループに入って、DMMのリソースを使って大きく育ってもらう。つまり、天然記念物は病気にかかって死んでしまうと困るから、過保護にしないとダメという考え方。(一般の大手企業に多い)一部出資という選択肢はあり得ない。

片桐孝憲の名言|有望なスタートアップは過保護にしないとダメ


JAXA(宇宙航空研究開発機構)の先生たちが要求してくるものは計算上設計ではうまくいくってものが多い。だけど、実際につくってみると、計算では導き出されない「勘の部分」が必要になってくる。そういう部分を私らが長年の経験から補っている。

山崎秀雄の名言|実際につくってみると、計算では導き出されない「勘の部分」が必要になってくる


日経の強みはやはり経済を中心にした経済誌という点でしょう。経済現象を丹念に追う「ファクト主義」の伝統があります。私も入社以来、「数字に基づく客観的な報道を心がけろ」と指導されてきました。

喜多恒雄の名言|日経の強みはファクト主義の伝統


何でもわかっているつもりでいると老け込むうえに、新しいことが頭に入らなくなる。

ドナルド・トランプの名言|何でもわかっているつもりでいると老け込むうえに、新しいことが頭に入らなくなる


一般的に、男性がタテの関係に敏感なのに対し、女性はヨコの関係に敏感です。公平性を欠いたコミュニケーションを素早く感じ取り、不快感を覚える。

前川孝雄の名言|男性がタテの関係に敏感なのに対し、女性はヨコの関係に敏感


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ