谷所健一郎の名言|キャリアの棚卸しをすることが大切

キャリアアップというと、新たな知識や技術を身に付けたり、資格を取ったりすることをイメージする人も多いでしょう。もちろんそれも一部分ではありますが、キャリアとはもともと、「経験」のこと。日々の業務と切り離して考えることはできません。例えば転職希望者には、まずキャリアの棚卸しが求められますが、そこですべきは、自身がやってきたことを振り返り、整理することにほかならないのです。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

読書法について言えば、私が一番嫌いなのは速読です。速く読めて時間の有効活用だと思っている人がいるかもしれませんが、速読は時間のムダでしかありません。思考を追体験するというのは、より具体的に言えば「どうしてこう考えたのか?」という思考のプロセスを追っていくことです。丁寧に読むからこそ、思考のプロセスを理解することができるのです。

出口治明の名言|速読は時間の無駄


駄目な事業を売り、必要な事業を買って、ポートフォリオを入れ替える。そういう発想を身につけて、本社に帰ってきました。本社でずっとぬるま湯に浸かっている人には、厳しい現実はわからないでしょう。
【覚書き|本社から離れて、複数の赤字子会社の立て直しを行ったことを振り返っての発言】

出原洋三の名言|駄目な事業を売り、必要な事業を買って、事業のポートフォリオを入れ替える


メディアがどのように変化しようとも、クリエイターの重要性は変わりません。コンテンツを作り出すのは、機械ではなく、人間だからです。

井川幸広の名言|コンテンツを作り出すのは、機械ではなく人間


当社は社員のモチベーションが非常に高い会社で、そこは良い面でもありますが、情熱的に仕事をする方向に偏り過ぎて毎日気合を入れて過ごさなくてはいけないのでは、疲れてしまいます。全社で一生懸命やりながらも、向かっている方向が迷わないようにしていかなくてはと気を引き締めています。

高田旭人の名言|全社で一生懸命やりながらも、向かっている方向が迷わないようにしていかなくては


常に地域社会から必要とされる存在であったから。
【覚え書き|鈴与が200年以上続いている秘訣を問われて】

鈴木与平の名言|常に地域社会から必要とされる存在


かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならない。

ココ・シャネルの名言・格言|他人と違った人間になれ


外国人選手のすごいところは、体が痛い、骨にヒビが入っているという状態でも、試合になったら集中力でカバーしてしまい、チームのために体を張る。チームに貢献したいという覚悟が違います。そして、その覚悟の違いはそのまま代表チームに対する思い入れの差になっていくんです。

田中史朗の名言|チームのために体を張る


勉強しようと思ったとき、いつどんな環境でもすぐに集中できるのであれば苦労はいりません。しかし、そうでない人の場合は、最初から勉強の妨げになりそうなものがない場所を確保しておくといいとおもいます。

白川敬裕の名言・格言|勉強に集中できる場所を確保する


ターゲティング(資料を見せ、行動を起こしてもらう必要性のある相手の人物像を明確化すること)は一見、資料をつくることから遠い行為のように思えます。しかし、資料づくりにおいて、実は最も重要です。にもかかわらず、ほとんどの人に軽んじられている作業だといえるでしょう。ターゲティングの善し悪しが、相手に行動を起こさせることができるかどうかの決め手となります。

清水久三子の名言|ターゲットを決めることが大切


打たれ弱いタイプに「君のやり方はまずい」と正面から言ったり、あまりに大きな案件を期限付きで指示したりすると、それを重荷に感じてストレスとなり、つぶれてしまいます。やんわりと言葉をかけましょう。

佐藤綾子の名言|打たれ弱いタイプの部下にはやんわりと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ