谷所健一郎の名言|社員の側も主体的にスキルを高めていかなければならない

現在、多くの企業は人材育成について長期的な視点を持つのが難しく、「社員には、いま業務に必要な技術や能力を提供してもらいたい」。そう考えるようになっています。つまり、社員の「使えるところを使っていく」ということ。そうした中では、やはり社員の側も主体的にスキルを高めていかなければならないでしょう。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンパックコンピュータで私は初めてPL(損益)責任を担うことになります。数字の責任を負うのは大変なプレッシャーですが、数字を持つことがどれだけ成長を加速させるかを身にしみて感じました。

樋口泰行の名言|数字の責任を負う立場になって気づいたこと


社員一人ひとりが、自分も経営に参加しているのだという意識を持つことは、社員のモチベーションを高め、人材の育成にもつながる。そして、この思想は、会社が小規模であっても大規模であっても変わらないものである。

山田昇の名言|社員のモチベーションを高めるには


耳を使った勉強は「移動時間を活用できる」という利点があります。リスニング力を上げたいときは通勤電車を大いに活用しましょう。

早川幸治の名言|移動時間に勉強する


通常は先代とは何か違った特色を出そうとするのでしょうが、私どもの場合、まず創立者の理想ありきで、それを時代にどう合わせていくかに腐心してきました。

小原芳明の名言|まず創立者の理想ありき


我々は対話を重視する。経営者と敵対する怒りのアクティビストではなく、愛のアクティビストだ。オープンな対話に消極的な企業には投資しない。

中神康議の名言|我々は対話を重視する


財はよく人を富ますが、またよく人を貧しくするのは、なぜかといえば、天分の度合に小と大とがあるからだ。小と大とに即応して経理する術を知っている者は、貧窮の憂いがない。

二宮尊徳の名言|天分の度合いに応じて経理することが大切


入社直後、長続きするか不安もありましたけど、仕事の面白さを感じてからは、辞めるにはもったいないと思うようになりました。

大野直竹の名言|仕事の面白さを感じてからは、辞めるにはもったいないと思うようになった


身の丈が大事といいますが、階段を一段ずつ、半歩でもいいから上がることが大事。2段、3段飛ばしで行くと、時には踏み外して10段落ちたりすることもある。業績は永遠の微増がいい。

富田純正の名言|業績は永遠の微増がいい


社員のやる気を引き出すにはどうすればいいか。それは、誰が考えてもおかしいと思うことをひとつずつ、やめていけばいい。

八木洋介の名言|社員のやる気を引き出すコツ


人脈は、過去の仕事を通じて苦楽を共にした仲間こそが最も有力なコネクションとなります。しばらく連絡が途絶えていた人にコンタクトをとり、積極的に会いに行くなどしてみれば、思わぬチャンスが巡ってくることもあるでしょう。実際、転職の約半分は、公募ではなく個人的な人脈から発生するケースです。

田中和彦の名言|苦楽を共にした仲間こそ最も有力なコネクション


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ