本田宗一郎の名言・格言|まずは女性について知れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

芸術でも技術でも、いい仕事をするには、女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

初めて米国へ行った時、大変なショックを受けました。米国の生産性は、我が国より数倍も高いのです。当時、我が国の労働者より数倍の人件費を払っているにもかかわらず、製品はかえって安いという理由がわかりました。高い生産性の秘密は、大学卒の技術者が一般の労働者と一緒になって働いていることでした。生産現場の知恵というのは現場で手を汚し、汗を流して初めて本物になってくる。研究所でいくら優れた研究をやろうとしても、手を汚さなければだめです。

世間はよく成功者を手放しで尊敬してしまうが、成功者の言葉ならなんでもかんでも金科玉条のようにあがめるのはおかしい。

大阪梅田を皮切りにステーションビルをあちこちに展開した。「民業圧迫だ」と批判を受けたこともあったが、「皆さんの方が官業圧迫だ」と突っぱねた。
【覚書き:総裁として国鉄の経営再建にあたった時を振り返っての発言。多角化して収益回復しなければいけない時期にあった】

日に新たでなければ楽しみもなければ希望もない。人生の経営というものは、一切をかけて、ただ生涯の最後のものにつながってゆくのだろうと思う。

最高のものを心に思い描きなさい。

任天堂は一度受けたからといってシリーズの2作目3作目は出さない。任天堂はゲームキューブとゲームボーイアドバンスを連動させて、2やら3ではなく新しいジャンルをつくっていく考えである。

本当のところ、私にとってはむしろ学生でいることのほうが賭けでした。大学にいる間に、このチャンスを取り逃がすかもしれないんですからね。(覚書き|なぜ大学生を辞めて会社を作ったのかの問いに対し)

ページの先頭へ