盛田昭夫の名言|経理数字は会社の仕事を測るモノサシ

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社はお金を儲けるのを目的としているのだから、経理数字は会社の仕事を測るモノサシである。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

安い取引でも固定費を回収できればいいという考えもあるかもしれませんが、私はそれを許しません。ぎりぎりのところまでは構わないが、収益率を傷めてまで安値受注をどんどん受け入れるのはあり得ない。

最後の決め手は直感だと思います。ですから、それを研ぎ澄まさなければなりません。

人を偉大ならしめるものはすべて労働によって得られる。文明とは労働の産物である。

長期的過ぎる貯蓄目標は守れません。3カ月で10万円貯めるなど、手近な目標で成功体験を積む方がいい。

たいていの事業は3年やれば結果が出るもの。3年やってダメなものは何年やっても同じ。

日本企業らしさを大事にしたいと思う一方で、世界で戦うなら、世界に通用する戦い方を身に付けないといけない。

新装オープンした上野駅は、1980年代後半に超高層ビルにしようという計画が立てられました。結局、90年代半ばにやめました。計画を発表してから世の中の流れを見ていると、どうも採算に合いそうもないという結論になりました。

ページの先頭へ