柵山正樹の名言|「頑張ります」ではダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「頑張ります」ではダメ。その理由を瞬時に計算して説明できる人は、やはり仕事もできます。数字力は、個人としての根っこといってもいい。


柵山正樹 の経歴

柵山正樹、さくやま・まさき。日本の経営者。「三菱電機」社長。兵庫県出身。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。電力・産業システム事業本部副事業本部長、電力システム製作所長、常務執行役、取締役専務執行役、執行役副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勤勉な人が集まっていると、機械よりも手作業の方が信頼できるようになります。寿司屋と同じで、従業員には手袋をさせていません。清潔な素手での作業に勝る菓子作りの方法はないと思っています。

ファミリマートは変わってきました。次なる世代を担う若手幹部が、自分たちでこうやるんだと考え、それを社長も聞いてくれると信じてくれた結果だと思います。若手幹部を役員に抜擢したのを見て、自分たちにもそういう道が開けていると、若い社員も自覚するようになりました。当然、仕事のやり方も変わります。彼らもまた、時間の使い方と時間の価値を意識するようになりました。

何ごとも基本は体力。体力がなくなると、マイナス思考になる。

舟に乗ることにも慣れ、山や川の地理をもよく心得るようにし、寒さや暑さにも我慢できるように、日頃から修錬を積んでおきなさい。

なかなか結果が出ない人ほど、過去の失敗にとらわれている場合が多いように思います。「あの時、ああしなければよかった……」と、取り返しのつかない失敗に引きずられて前進できなかったり、変化することを恐れたりする。いくら悔やんでも過去は変えられません。

周囲はひとつの要因を抜き出して、その企業に関する物語をつくりたがりますが、経営者はひとつだけを選ぶことはできません。実際の当社の業績から、私のことを人材に投資し成長を重視する経営者ということもできれば、投資を絞りコストダウンに力を注ぐ経営者と判断することもできるわけです。いずれか一方のレッテルを張った方がわかりやすいということなのでしょう。

統計には、いろいろな落とし穴があります。ビジネスパーソンとしては、「平均値は信用できない」ことと、「サンプルがどこまで信用できるものか注意する」ことくらいは、意識しておいたほうがよいでしょう。

ページの先頭へ