柵山正樹の名言|「頑張ります」ではダメ

「頑張ります」ではダメ。その理由を瞬時に計算して説明できる人は、やはり仕事もできます。数字力は、個人としての根っこといってもいい。

柵山正樹 の経歴

柵山正樹、さくやま・まさき。日本の経営者。「三菱電機」社長。兵庫県出身。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。電力・産業システム事業本部副事業本部長、電力システム製作所長、常務執行役、取締役専務執行役、執行役副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

映画にない記述はすべて、小説のために必要だと思って入れていった箇所です。映画においては、そこまで丁寧に物語の説明をする必要はあまりないんです。映画は時間が勝手にどんどん流れていくメディアなので、立ち止まって理屈を考えさせるような情報を提示すると、物語の展開と観客の理解のスピードがズレていってしまう。でも、小説は読者が自分でページをめくる、能動的に時間を進めていくメディアですし、小説の「思考を綴る」という特性からか、ごまかしがきかないんですよ。映画ではジャンプしていた説明を、小説では少しずつ足していきました。

新海誠の名言|映画と小説の違い


成果に直結する書類に絞ってデータ化するのが、私のお勧め。具体的には、継続的、安定的な取り引きがあるクライアントやプロジェクトの資料だけをスキャンする。これらは量も多ければ、出先などで参照する機会も多く、売り上げも見込めるので、スキャンの手間を払う価値が高いからです。

坂戸健司の名言|成果に直結する書類に絞ってデータ化する


WEBの集客に力を入れる一方で、2~3年前から、生活用品や賃貸にまつわるサービスを販売しています。この売上が、数年後には、店舗の売上の3分の1にはなると見込んでいます。一番金額が大きいのは、水漏れ事故などに対応する賃貸住宅向けの損害保険です。年間35万件の新規契約があります。ほかにも、トイレの詰まりや鍵の紛失、窓ガラスの破損などですぐに駆け付けるサービス、NTT光回線や消火器の販売があります。入居者にとっては、賃貸生活に関するワンストップサービスとなり、利便性が高いはずです。

大村浩次の名言|顧客の利便性が高まるビジネス展開を


データリテラシーを高めるには、まず自分の仕事に関連したデータを見る。単に数字を追うのではなく、グラフを好きになる。数字は情報が少ないが、グラフは情報が多い。要するに、変化を見ることが大切で、それが予測する力のベースになる。

樋口知之の名言|データリテラシーを高めるには


いろんな志向、考え方、人種、バックグラウンドなど多様なものが集まってこそ、異質な、多様な強い組織ができるし、次のステージを目指せる。

織畠潤一の名言|多様なものが集まってこそ、異質な、多様な強い組織ができる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ