山内溥の名言・格言|中古ソフトの流通規制をするより、長く遊んでもらえるゲームを作れ

メーカーはソフトを一度売って利益を得た立場にあるわけで、それを買った人が転売しようと捨てようと、個人的にはその人の自由ではないかと思う。ソフト会社はユーザーがすぐ飽きて売らないような、長く持ってもらえるソフトを作ればよい。

山内溥 の経歴

山内溥、やまうち・ひろし。日本の経営者。ゲームメーカー「任天堂」3代目社長。京都府出身。早稲田大学専門部法律科卒業後、任天堂の販売子会社取締役などを経て任天堂社長に就任。主事業を花札からテレビゲームに転換し、同社を世界的企業に成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やる気が起きないときは、ダラダラと仕事をしてしまいがちかもしれません。しかし、これは悪循環のもとです。仕事のスピードが遅くなれば残業も増え、疲れてやる気が低下します。この悪循環を断つためにも、発想転換を図るべきではないでしょうか。好きになれない仕事なら「さっさと終わらせよう!」と思えばいいのです。

会社組織は効率を追求します。これはこれで大切なのですが、効率ばかり追求していると、社員がいわゆる金太郎アメになってしまいます。同じことを考えている人間ばかりの方が、意思決定のスピードが速いですから。しかし、金太郎アメ社員しかいない組織は、環境変化への対応力が弱い。

単なる金儲けは昔から嫌いだ。何かをしたい、何かを作りたい、何かを始めたい、昔から金はそのために必要なものでしかなかった。

監督にとっては映画の公開初日がゴールなんですが、我々にとっては通過点に過ぎません。もし初日の成績が悪ければ、巻き返す策を講じなければなりませんし、逆に初日がよければお客さんを取りこぼさないためにはどうすればいいか考えなければなりません。

米国人はとにかく雑なのが欠点だが、概念を捉えてまとめるのがうまい。

当社は日本企業が海外進出する際の「水先案内人」でもある。だから日本で一番アグレッシブな組織にしていきたい。

潜在能力と火事場の馬鹿力は同じようなもの。あなたも追い詰められた場面で自分でも驚くような力を発揮したことがあるはず。常に火事場の馬鹿力を出し続ければ、あの人は素晴らしい能力の持ち主だといわれ、成功者になれる。

企業の成長は広告宣伝とか表面的なことではなく、人であり商品である。けれども商品は人がつくるのだから、最終的には人がすべて。人を中心とした経営をして行かなくては長期的な成長はあり得ない。

会社が伸びていくためには、自分よりも絶対に能力が高い人に後任を託さなければなりません。私の場合、誰がやっても能力は私より上だから、その点は気が楽でした。

経営者と労働者側は、言うまでもなく立場が違う。それゆえ、賃金交渉は必然的に紛糾するものと労使双方が思い込んでいる。しかし、立場をいったん離れて互いの利益に着目してみると、実は労使は意外に多くの利害を共有していることがわかる。そこから、問題解決の糸口が見つかる場合が多い。

ページの先頭へ