ピーター・ドラッカーの名言・格言|終わった問題に時間を割くな

たいていの経営者は、その時間の大半を過ぎ去った「きのう」の諸問題に費やしている。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

第一にある仕事についてここまでなら失敗してもリーダーのあなたが責任をとれるという範囲を見極めること。第二にその範囲の中で好きなようにやってみろとメンバーに思い切って仕事を任せてみること。第三に本人が任務を成し遂げたらしっかりと褒めることだ。そうしてこそ仕事を任せられた側も自分で悩みながらも工夫を重ねるようになり、結果を出した時に自信をもってくれる。


利益そのものを目標にするよりも、利益を生むものをつくりだすことに集中したほうが早く成果が出る。企業の目標は利益の追求ではなく、お客作りに関係することで一位を作ることにある。


私がいまでもよく覚えているのは、若かったころの自分の社内プレゼンを当時の上司が絶賛してくれたことだ。それは上手くプレゼンしたところですぐに売り上げに結び付くものではなかったが、おかげで私は人前で話すことへの自信を深められたし、なにより自分の成長を見てくれている人がいるということに奮い立った。仕事へのやる気というのは、そうした手ごたえがあってこそ高まるのではないか


計画とは未来に関する現在の決定である。


少し前に、人は方法よりも、その背後にある人間のパーソナリティーに興味を抱きやすいことに気づいた。


職場や仕事の現場を歩きまわり、人とコミュニケーションをとる中で「ここは何かが欠けているかもしれない」といかに気づいていけるかどうか。そうしたあらゆる「隙間」を察知していく完成も、リーダーには不可欠だ。メンバーとなる人の「隙間」を他の人とのコラボレーションでうまく埋めていくのもリーダーの仕事だ。
(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)


必要は発明の母かもしれない。だけど、偶然は発明の父なんだ。


リーダーはその権限をもとに候補者にチーム員になることを「命じる」こともできるだろう。だがそれではメンバーはあなたに従うだけで、みずからは動いてくれない。そんな表面的なチームのなんとつまらないことか!理想は必要なメンバーから「手伝いたい」という言葉が出ることだ。まずあなたの方からメンバーのもとに降りていき、その人に何を求めたいのかを一から真剣に語る必要がある。


できることから始めるのではなく、正しいことから始めるのです。
Start with what is right rather than what is acceptable.


業績を良くしていくためには、毎年大事なところに革新をし、何年かに一回は大きな革新を加える必要があります。革新を必要とするものは、商品をはじめとして営業地域や営業方法の決め方など、経営の8つの要因が対象です。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ