スティーブ・ジョブズの名言|情熱さえあれば上手くいったも同然だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

情熱さえあれば上手くいったも同然だ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

わが社の経営の基本的な目標は、「キッコーマンしょうゆをグローバル・スタンダードの調味料にする」ことです。

コンシューママーケティングは、消費者の嗜好分析、価格決定、タイミングなど、いくつもの要素がすべてうまくいかないと成功しない。そして何よりも、よい製品でなければならない。

仕事の取捨選択をする上で大事なのは、目標まで到達するための最短ルートを描き、それまでに絶対にチェックすべきポイントはこことここ、というイメージが持てるかどうかです。

「一人一人が主役になって復活した日本を代表するモデル企業」になるというビジョンに向けて愚直に日々を進んでいく所存です。

日本人は、中途半端なものでも1回は多分来ます。しかし、2回目以降につながらないと思うんです。きめの細かいハードとソフト、両方があって、来たときに常に新しい発見や体験を感じ取れる、そこに魅力を感じてくれていると思うんです。

同じことを繰り返していれば安心ですが、いつしかパターン化してしまう。たとえ厳しくても、自己破壊と創造を繰り返し、常に自分をリニューアルしなければと肝に銘じています。

のちのち役立ったことは、効率とはほど遠い方法で勉強してきたことばかりだった。勉強に効率を求めることは弊害すらある。

ページの先頭へ