スティーブ・ジョブズの名言|情熱さえあれば上手くいったも同然だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

情熱さえあれば上手くいったも同然だ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

フタを開けてみれば、見込み通りに売れない時があります。撤退を決断しなければならない局面になったら、躊躇してはいけません。

視聴率はほとんど気にしていません。それを気にしすぎて駄目になっていった番組を、僕は過去にさんざんみてきましたから。

日本人は休みすぎだと、私は考えています。私が新入社員だったころは、もっと厳しい環境にありました。休日は少なく、1日の勤務時間はいまよりずっと長くハードでした。私がこう強調するのも、次のように考えているからです。単なるサラリーマン、つまり自分の会社の中でしか通用しないアマチュア・レベルの人材から、プロフェッショナルなビジネスパーソンに脱皮するには、ハードなトレーニングが絶対に欠かせない、と。

営業をする時、アナウンサーのようにきれいな話し方をする必要はありません。むしろ私は、少し話し方にクセがあるくらいが、味があっていいと思います。私は東京の下町出身で、気を抜くとべらんめえ口調が出てしまうのですが、その方が私らしさが出るのか、かえって好評です。

CE(カスタマーエンジニア)のほとんどを自社で育成し、一部の業務を委託している協力企業も当社と同様の育成プログラムを導入するなど、地域を問わないサービスの均質化を徹底しています。

本社が全て統制するやり方では、競合に勝てない、ローカル性を重視すべき。

企業は社会貢献しないと存在しないはず。だから誰を喜ばせたいのか、もう一度見直してみることも大事かもしれません。

言いにくいことを伝えた後も良好な人間関係を保てるか否かは、伝えた後の対処で決まる。

「このまま」を続けると劣化していくだけ。常にチェンジしていくことが大事。

ポルシェの生産台数は10万台なのですが、スバルがポルシェの方向に尖っていこうと思ったら、案外、簡単にできてしまうと思います。しかし、10万台という規模では、うちの社員全員と販売店さんを食べさせることはできません。尖りすぎて台数を落とさないためには、技術畑ではなく営業畑出身の私が先鋭化にプレーキをかけていくしかないんです。

ページの先頭へ