スティーブ・ジョブズの名言|情熱さえあれば上手くいったも同然だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

情熱さえあれば上手くいったも同然だ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現状より5倍以上の効率で仕事をこなすことは、決して非現実的でもなく、誰にでも達成可能な範囲です。自分の胸に手を当ててみれば、就業時間の中で、自分が本気で仕事に集中している時間がどれくらいあるのか、本人が一番わかっているはずです。日本のホワイトカラーの平均でいえば、おそらく3~4時間くらいじゃないでしょうか。

師を求める前に、まず心から師につきたいという真摯な心が定まり、また、実事、つまり、このことを学びたいという具体的なことを確立させて、それから初めて師のもとを訪ね、師とすることを求めるべきである。

部下がアプローチを止めてしまったらどうすればいいのか。一度諦めた部下を立ち直らせるには、うまくいかない原因を特定して、改善が可能であることを示すことが大切だ。部下に諦めない営業を強いるのだから、上司も諦めないマネジメントで、部下を粘り強くフォローしていきたい。

「創業家による家族経営から、コングロマリットの傘下に入るとブランドの魅力が失われるのではないか」。こんな質問を受けることも多い。だが我々LVMHグループは、過去にも数々のブランドを傘下に収め、再生を遂げてきた。クリスチャン・ディオールやセリーヌ、ロエベ、フェンディ、そしてブルガリ。これらすべてのブランドが、LVMHグループに加わってから、さらなる成長を遂げている。これは、各ブランドが持つ特徴や強みを最大限に生かしてきたためであろう。

一般論で語るのは難しいが、「自分は何によって生きていくのか」を考えたとき、幅広い人脈こそが宝物であることがわかるはずだ。

子供が自立するためには、お金を稼ぐことももちろん大切ですが、それ以上に、無駄なお金を使わないことが大切です。それは誰でも知っている当たり前のことですが、それをきちんと教育できるのが本当のお金持ちの凄さなのです。

人間には、目標が与えられると、それを達成しようと努力する習性が備わっている。社長が模範を示せば、社員も目標を達成するために頑張ってくれるはず。

ページの先頭へ