スティーブ・ジョブズの名言|前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたから

このエントリーをはてなブックマークに追加

前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたから。自分が愛せるものを見つけなければならない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ディスカッションにかける時間とアクションにかける時間とでは、後者により多くの時間をかけるべき。

スポーツでも仕事でも同じですが、99%の苦しいことがあるからこそ、1%の楽しみがあるのです。

経営判断をする時も、考えれば考えるほど、昔の経験や固定概念が邪魔して、いいアイデアが思い浮かばない。朝起きてスッキリした状態の時に思いつくアイデアほど、自身の感情が邪魔することがない研ぎ澄まされたものが多く、実現する割合も高い。

周囲から見て貧乏くさく見えるかどうかよりも、本人がお金に対してどのように接しているのかが重要なポイントです。衣服にお金をかけずに安いものばかり来ていると、周囲からは貧乏くさいと思われるかもしれませんが、衣服に興味のない人にとっては合理的な判断です。貧乏くさいというよりは、メリハリのあるお金の使い方をしているといえるでしょう。

言語にはそれを使う人間のメンタリティーが如実に表れる。現地語を学べば、その国の人々を理解しやすい。

最初はとりあえず持っている技術で起業しましたが、ビッグデータを扱ってさまざまな技術分野に触れるにつれ、ようやくやりたいことが見えてきました。具体的にいうと、人工知能を自動車やロボットといったたくさんの機械に埋め込んで機械を賢くしたり、機械同士が連携してより複雑なタスクをこなす技術をやりたくて、事業を思い切ってシフトしました。

私は社長就任後、「グループは一体である」と常に言ってきました。今回の中期計画も、個々の社員が日々取り組んでいる業務とつながっていなければ意味がありません。社員がそれぞれ自分の目標に向かって全力で取り組み、それがチームとして結集して初めて中計の目標を達成することができます。

ページの先頭へ