スティーブ・ジョブズの名言|前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたから

前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたから。自分が愛せるものを見つけなければならない。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

40代初めプエルトリコのガソリン販売会社に経営者として一人で赴任した。言葉で苦労しながら、出光の考え方を現地社員に説明し、出光ファンになってもらうよう勉めた。目標を達成するには人と人の関係が大切で、それに国境がないことを私自身、実感した。

「自分は不運だ」と考える前に「自分で変えられる運」を良くすることが大切。少しでも良いことをして、いい人とつき合う。明るく頑張っていると、自分の能力が引き出されたり、新しい可能性に出合えたりする。

厳しい社会情勢の中で、起業して成功する人はごくわずかです。そもそも、起業して成功するのは、会社員時代から優秀だった人なのです。だからまずはプロフェッショナルサラリーマンになれば、そのまま会社で働き続けるか、起業するか、あるいは企業内で前例のない働き方をするかといった様々な選択肢を手にすることができるのです。

商品のアイデアは偶然生まれることもありますが、自分たちがそういうものを作りたいという思いがあれば何かしらヒントが出てくるもの。

いま企業はブランドよりもレピュテーションに注目しています。まだ知られていない企業や商品に対しての認知度を引き上げてる来るのがブランドです。それに対して、ブランドの成長とともに膨らんでいくのがレピュテーション、つまり評判です。ブランドに対する期待値といってもいい。

一日生きることは、一歩進むことでありたい。

日本の劇場には極めて悪習慣が残っていて、京都の劇場も木戸(入場口)に大木戸と称して、ごろつきの親方が、ごろつき押さえに頑張り、観客が札を買って入るときには木戸札を箱に投げ込んで、通り一枚、通り二枚と呼んでいた。劇場の中にはクリカラ紋々の入れ墨男が働いていて、興行主の収入は木戸銭(入場料)だけに限られていた。私はこのけしからぬ悪習を一掃しない限り、劇場経営は成功する見込みなしと断定して、常盤座を借り受けると同時に、従来の雇用一同を解雇する案を提起した。

お金は頑張って稼いで、しっかり使った方がいい。お金がなくてものんびり暮らせばいいという人もいますが、それは自分勝手な考え方です。お金があれば、自分以外の人を幸せにすることができます。事業を起こせば、人を雇用できるし、税金を納めることができます。

私は教養とは、つまるところ、歴史を知っていることに他ならないと思います。昨今は世界史、日本史を高校で必修にしていないところもあると聞きますが、信じられない話です。歴史も教えずにどうやって人材を育てようというのでしょうか。学校で教えてくれなくても、日本の若い人たちに、ぜひ古典を読んで、そこから多くのことを学び、感じ取ってほしいと思っています。

ITについて学ぶには、専門的な知識はまったくいりません。ITについての勉強とは、ITの世界に浸り、その可能性を体感してもらうことにほかなりません。そのためには、ITを活用したブログなどのサービスを積極的に利用してみることです。かつて、一部のマニアだけのものだったITですが、その技術が劇的に向上した現在、誰でも利用できる身近なものになりました。ITについて学ぶかどうかは、もはや使うか使わないかの差でしかないのです。

ページの先頭へ