スティーブ・ジョブズの名言|前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたから

このエントリーをはてなブックマークに追加

前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたから。自分が愛せるものを見つけなければならない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

戦略的に信頼残高を高めたければ、小さな約束をいくつもして、それを確実に守っていくことです。たとえば、「いつまでにこれをやる」「会議はいつも1時間で終える」などと約束しておいて、それをきちんと守る。これを繰り返せば比較的短期間で信頼残高を高めることができるでしょう。

成熟期にある日本企業が学ぶべきなのは、中国ではありません。日本より早く成熟したアメリカにこそ、ヒントがあるのです。アメリカ経済をけん引してきたのは、ウォール・ストリートを舞台にしたカネづくりかもしれません。しかし、その一方でメイン・ストリートともいうべきモノづくりが脈々と受け継がれているのも事実です。アメリカの製造業は、早い時期に成熟しただけに頭打ちになるのも早かったですが、それでも構造的不況を乗り越え、いまも経済を支えています。

毎日の仕事の上で、私はわからぬことをわかったような顔をすることをしなかった。少しでも疑問があれば納得のゆくまで聞き出した。単に職務としてでなく、それもまた肝要な学習だと考えたのである。
【覚書き|中越水電支配人時代を振り返っての発言】

戦争で大将が「眠い」とか言っていたら、兵隊がかわいそうですよね。起きて、もし僕が「疲れたな」と思ったら、そのときが辞めるときだと思っています。

難しい文章を書けば、格調高く見えたり、自分を賢く見せられたりするのかもしれません。でも、僕にはそういう願望はなく、ただ自分のメッセージを伝えたい、という思いだけがありました。それなら、わかりやすく、伝わりやすくしようと思ったんです。

発想の幅を広げるのに、べつに海外に行かなくてもいいんです。心や感情が大きく揺さぶられるような体験ができれば。いまの職場で、上司におもいっきり自分の意見をぶつけてみるとか、そういうことだっていいんです。

何でも本気になったらいけるんや。

ページの先頭へ