ピーター・ドラッカーの名言|成功してきたのと同じ貢献を続けていたのでは、失敗する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功してきたのと同じ貢献を続けていたのでは、失敗する。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

海外事業と技術開発に専念するためにも、私は社長を退任し、取締役となることを決断しました。クックパッドが世界でどんな取り組みができるのか、まだ何も決まっていませんが、世界の食卓を舞台に、食とITを組み合わせた新サービスを提供していきたいです。

本当の人材とは、その会社に相応した人ですよ。町工場へ東大出に来てもらっても、その人は人材になりますか。困ることもあるでしょう。

良品計画では、「デッドライン」という管理の仕組みをつくりました。デッドラインすなわち締め切りは確実に遵守する。そのかわり、そこに至るまでのあいだは自由にやってよいという管理の仕方です。これによって、次第に当事者意識も高まってきます。

ガラリと変えたもののひとつは電車広告です。大学が出す電車広告といえば、大学の理念、きれいな校舎、笑顔の学生を登場させたものがほとんど。でもそんな広告、誰も目を止めないと思いませんか? 私たちは、とにかく「目立つ広告」をつくりたかった。だって、広告は見てもらえなければ意味がありませんからね。

選手が妥協したり、道場にゴミが落ちていれば練習中であろうが皆の前で叱ります。学生時代の人間教育が、自分で考えられる選手を育てることにつながる。

広告とか商品開発とか、そういうことを分けて考えることはあまりにも効率が悪いと思います。世の中のすべてがコミュニケーションであり、広告だと思っているので、企画から考えることが自然の成り行きです。

アイデアを出すときのポイントは、論点を具体化し、かつ、疑問形でテーマ設定をすること。「売上げアップ策について」といった漠然とした形ではなく、「顧客数を2倍に増やすには、何をすればいいか?」というように設定するのです。すると、ゴールが明確になるので、具体的なアイデアが出せるようになります。

ページの先頭へ