林恵子の名言|一人ひとりが商人として、損益を計算できるようにする。

一人ひとりが商人として、損益を計算できるようにする。

林恵子(経営者) の経歴

林恵子、はやし・けいこ。日本の経営学者。「ドゥクラッセ」社長。愛媛県出身。津田塾大学卒業、アメリカ・オレゴン州立大学心理学部留学。マテルジャパン、ディズニーストアジャパン勤務を経て、米国大手衣料通販会社「ランズエンド」日本支社長に就任。その後、ドゥクラッセを設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

広告費の半分が金の無駄使いに終わっている事はわかっている。わからないのはどっちの半分が無駄なのかだ。

ジョン・ワナメーカーの名言・格言|広告費の半分は無駄


人格の修養などと言って、いきなりお釈迦様や孔子様の真似をしようと思うても、我々にはなかなか難しい。我々にとって一番早い話はお互いに親切であること、これが最上の人格であると心得て大きな間違いはない。

森村市左衛門の名言 格言|商人の人格修養法


いつの間にか気づいたら、やっていたりすることがある。ポケットに手をつっこんで売り場を歩くことなど、頭を下げて商品を買ってもらっていた時代を完全に忘れてしまって、お客様の目線がわからなくなっている証拠でしょう。それから、腕組みをして商談するというものをよく見かける光景なのですが、こちらも頭を下げて商品を集めていた時代からすると、取引先が売りに来てくれるようになって、姿勢が高くなってしまったということです。そのどちらも商人の道にあるまじき姿勢だと思います。そして、その何気ない姿勢や態度にこそ、商売がつぶれていく火種があると思うのです。

伊藤雅俊の名言 格言|商売をつぶす要因は小さなところに潜む


値切るのは男の仕事である。安く買うのが目的ではない。駆け引きが楽しい。取引は取ったり引いたりするものである。取り過ぎて相手を殺してしまっては元も子もない。無駄なお金は一円たりとも使ってはいけない。生きたお金なら惜しみなく使いなさい。

安藤百福の名言格言|値切りは恥ずかしいことではない


他国へ商いに出掛けるときには、その国の人々がみな気分よく、商品を買って使えるように心掛けること。自分のことばかり思うのではなく、損得は天道の恵み次第だと考えて、高い利益は望まず、その国の人々を大切にすること。こうした心掛けによって、心が安らかになり、健康を得ることができる。常々、神仏を厚く信心するとともに、他国へ入るときには、まず第一に、以上のことをよく心掛けるようにせよ。

中村治兵衛(二代目)の名言|損得は天道の恵み次第


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ