林高生の名言|自分ができないことを認識すれば、人のいいところが自然と見えてくる。

自分ができないことを認識すれば、人のいいところが自然と見えてくる。

林高生 の経歴

林高生、はやし・たかお。日本の経営者。「エイチーム」社長。岐阜県出身。小学生時代からプログラミングを開始。中学卒業後、様々な仕事を経験。20代前半でプログラマーとしてソフトウェア開発を開始。25歳でエイチームを設立。同社を東証一部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は「ダントツナンバーワン」にこだわります。ダントツでなければ、人は社名を覚えてくれない。「部屋を探すなら山晃住宅」と思っていただくには、地域でダントツの評判を立てる必要があります。

前田祥子の名言|ダントツでなければ、人は社名を覚えてくれない


以前は、獲物を捕獲するように、次々と新しい顧客を開拓していく「狩猟型の営業」が奨励されていました。しかし、乱獲が希少な生物の絶滅を招くように、景気が低迷して顧客がそう簡単に増えない状況では、狩猟型の営業だけでは必ず限界を迎えます。景気のよかったころに現場にいた上司が、自分のやり方を若い部下に強いるケースは多いと思いますが、昔のスタイルは残念ながらもう通用しないのです。

舟橋孝之の名言|狩猟型営業はもう通用しない


30代になると部下もでき、指導する立場にもなります。すると、不思議なものでただ学ぶ立場よりも実務能力が向上する速度が上がります。何か指導する際、実務に精通していないと、実務の体験不足の20代に一から教えることができないため、しっかりとした準備をしようと実務に関する知見も深めていくことになるからです。

大塚寿の名言|指導する立場になると実務能力が向上する速度が上がる


アホはみんなから好かれます。あれも知ってる、これも知ってる、という人は一緒にいると疲れてくる。それより、「へえ、私、初めて聞きました」と言って、いい気分にさせてくれる人のほうがまた会いたくなります。

富永香里の名言|アホはみんなから好かれる


いかに選手がその練習方法に納得して練習をするか。そういった気持ちになるような説得力のある指導をできるかどうか。そこに指導者の資質が求められる。

後藤忠治の名言|指導者に求められること


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ