柳井正の名言|僕は死ぬまで成長したい

重要なのは成長し続けること。僕は死ぬまで成長したい。それが一番いい人生だと思うんですよね。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

各個撃破の原則は万能の戦略なのか、というと、そうとはいえないところに、現実の難しさはある。個人や戦争の場合、実際に戦う敵は一者、切り刻んでしまえば確実に小さくなる相手だ。ところがビジネスでは、あるジャンルが儲かりそうだとわかれば、数多くのライバルが参入してきてしまう。しかも、その中には自社より圧倒的に強大な相手が含まれている場合もある。これでは、いくら集中しても、ライバル多数の混戦状態や、圧倒的に巨大な企業が参入する中で、利幅も勝ち目も薄くなってしまう。

小売業の競争力の源泉は人材ですから、海外や外部の研修にも派遣します。PB(プライベートブランド)商品や、新業態の開発も勉強になりますから、若手社員にどんどん任せるようにしています。

相手を信頼し、仕事を与えていく、権限を委譲していくことができないと、なかなかうまくいかない。

毎日のように番組制作に追われているため、十分な時間が取れないのですが、わずかな時間での読書も貴重な経験です。読書の質が仕事のクオリティを左右するといっても過言ではありません。

100人経営者がいれば100通りの考え方があるので、必ずしも正解があるとは思っていません。

おしめの肌触りが良すぎると、赤ん坊は泣かなくなるし、2歳になっても自分でおしっこができなくなる。インキュベーター(孵化器)は必要だが、甘やかしたら抵抗力が身につかず、死んでしまいます。
【覚書き|ベンチャー企業の支援システムが充実しすぎることについて危機感を述べた言葉。】

目標なんて、たどり着いたときは、すでに次の目標が見えているものです。

現場力を鍛えるのに特効薬はない。現場は例えるなら企業の筋肉。筋肉を鍛えるには地道に筋トレをする以外方法はない。

若いうちは上司から指示された仕事だけをこなせばいい、という考え方は間違いです。新人に対する上司の不満で最も多い回答は、「主体的に動かないこと」です。指示待ちでは、評価は下がる一方です。

公務員は企画が不得手です。ただし、実現能力はすごく高い。企画に優れたCCC(TSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ)と組むことで無双になるのです。

新製品が出来上がると、まず日本のお客様に使ってもらっています。これが非常に勉強になります。エンジニア自らが家庭を訪問し、掃除機を使っている様子を見ながら、なぜそのような動きをするのか、問題点はないかといったことを聞きます。エンジニアが直接意見を聞くプロセスが非常に大事なのです。決して外部へ委託することはありません。

大切なのは傾聴です。お互いの話を聞かない人が結構います。部下の話に耳を傾けることで現場の動きを把握しましょう。

年が明けたら、どの世代もまず「新しいこと」に挑戦すべき。今は変化が非常に激しい時代。普段から新しいモノやコトへの耐性を身につけておかないと、大きな変化に直面した時に、うまく対処できない。

ページの先頭へ