柳井正の名言|僕は死ぬまで成長したい

このエントリーをはてなブックマークに追加

重要なのは成長し続けること。僕は死ぬまで成長したい。それが一番いい人生だと思うんですよね。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下がもし「厳しすぎてついていけません」といっているのだとしても、真の問題は仕事上の要求が厳しすぎることではありません。部下とのコミュニケーションが不足していることが問題なのです。たとえ部下の限界がわからずに負荷をかけすぎていたのだとしても、それによって部下の不満が高まっていることに気づくことができれば、限界に達する前に対処することができるのです。

せっかく良いものを持っている飲食店でも多店舗展開できないのは、マネジメントの問題です。自分が成長し、他人を育てるためにも、マネジメントが大切です。

デジタルツールにはないノートの特長は、手描きで自由に描けることだと思います。ノートにアイデアを書き留めるといっても、文章で書くことはあまりなくて、ほとんどはイメージ図や図解で描いていますね。大判のノートを使っているのも、図を描きやすいからです。手描きで自由に描いていると、アイデアが生まれてきやすいように感じます。ですから、ブレストをするときには、手描きをしながらするのがいい。

東京ディズニーリゾートでも先輩と後輩の関係が上手くいかないこともあり、キャスト(スタッフ)のモチベーションが下がることもあります。ただ、そのようなときでも「内輪でもめていては、ゲストをもてなすことなどできない」というように、「ちょっと違うぞ」と口に出す人が必ず現れます。それは、すべてのキャストに「すべてのゲスト(お客様)にハピネスを提供する」という遂行すべきミッションがしっかり意識づけられているからです。

お客様、社員、お取引先、地域社会、株主さんと、全ての満足を追求する経営を目指しています。欧米式の経営は株主をどう満足させるかという点に重点を置いています。我々もグローバル化の中で、投資家や株主の期待に応えねばなりません。しかし、それに応えるためには、お客様に商品を買っていただかなければなりませんし、社員にも報いていかなければなりません。また、サプライヤーさんには品質のサポートをしてもらわなければなりませんし、社会の人たちには当社を評価してもらわなければなりません。こういったことを順番にやっていけば、結果的に株主さんに応えられるだけの利益が出せます。

メンタルが強く、逆境を乗り越えるトップアスリートの共通点は、自己肯定感が強いこと。

どんなに専門性に優れていても、上司や同僚・後輩との意思疎通が図られていなければ、仕事の成果はあがりません。自分の価値観にこだわるよりも、上手な聞き役に徹することが、社内コミュニケーションの効率化という意味では、大事なことなのです。

ページの先頭へ