柳井正の名言|仕事がその人をつくる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事がその人をつくる。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大人に適しているのは、自分の体験を情報と関連付けて覚える経験記憶です。最も簡単なのは人に話すことでしょう。単独では覚えにくい知識も、あのときあの人にこう説明したという経験と結びつければ、比較的容易に覚えられると思います。

手帳にメモをしておき、「この前はこんな話をしましたよね」と話しかけるだけで相手は「きちんと話を聞いてくれていた」「発言に共感してくれた」と、理解を示してくれます。それだけで心の距離がグッと縮まり、商談を進めやすくなる。

目を通したビジネス書のなかで特に印象に残ったのが、「部下は上司の鏡」という言葉でした。その言葉の説明には、「部下が動いてくれないのは、上司である自分の言動に原因がある。部下にどうこう言う前にまずは自分を見つめなおすべきだ」と書いてありました。この言葉に照らして考えてみると、生徒が集中して練習に取り組んでくれないのは、私が立てた練習メニューに原因があることに気付きました。

お客様を味方にしたり、顧問弁護士や契約している経営コンサルタントに言わせたりすると効果が出やすいですね。上司によっては部下からアレコレ言われるとツムジを曲げるのに、そうした外部の専門職や先生の意見に対しては意外と素直に聞くタイプが意外に多いのです。

戦う前に言い訳をしないで、早く転んで傷つけばいい。泣くような思いをして、自分を知るほうがいい。いつも言い訳と人の悪口ばつかり言って生きていても前に進まないでしょう。

何を成し遂げたいかという夢を語る時、誰に対しても一貫していることが大事。

どんな事業でも人材のミスマッチが発生していては成功はおぼつきません。そのため各部門の戦略にあった人材を見つけ適切に配置する必要があります。このように考えるとトップに必須の能力は、人を評価するときに偏見を持たずに判断を下せる「人材評価力」だといえましょう。

ページの先頭へ