柳井正の名言|昔のことを振り返るのではなく、つねに将来のことを考えないといけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔のことを振り返るのではなく、つねに将来のことを考えないといけない。だから危機感がないところには未来はない、と思います。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

物事を異なる角度から捉えるクセをつけるには、「仕事で重要だと考えていることを、あえてやめたら、どうやってカバーするか?」を考えても良いでしょう。たとえば、営業の仕事をしているなら、「客先訪問を一切やめたとしたら、どのようにカバーするか」と考えてみるのです。すると、「テレビショッピングのように、公共の電波を使って一斉に営業する」「毎日電話をして、サポートする」などと、新たなやり方が見えてきます。

生来、粗にして野だが卑ではないつもりだ。丁寧な言葉を使おうと思っても、生まれつきでできない。無理に使うと、マンキー(山猿)が裃を着たような、おかしなことになる。無礼なことがあれば、よろしくお願いしたい。

災害時のBCP(事業継続計画)をつくる一番の意味合いは経営トップの動揺を防ぐことにあります。実際にプラン通りにはいきませんが、経営トップが頭の中で備えることができるようになります。それが大事なのです。

会社でスポットライトを浴びず、幹部候補生でもなく、日の当たらない部署で苦労に苦労を重ねてきた人が、実は一番育っている人材。近年活躍されている経営者には、海外経験で苦労した人や、本流ではなく傍流から抜擢された人が少なくありません。

私の場合、寝て起きたら、失敗から立ち直っていることがほとんどです(笑)。野性的なのか、本能のまま生きているのか、すぐに忘れられるんですよね。ジクジク悩めないタイプなんです。だって、1日が終わると疲れるじゃないですか。家に帰ってご飯を食べて、お風呂に入ったら眠くなるでしょう。翌朝、目が覚めたら新しい1日が始まります。仕事をしていれば、次の日には違う撮影があり、来月には別の現場があるわけで、引きずっててもしょうがない。だから、失敗から立ち直る一番いい方法は、あえて、忘れることだと思います。

人脈と情報のネットワークを作る時には、相互に利益がもたらされるような関係でなければなりません。片方にしか利益がないのであれば、ネットワークを継続するのは難しい。利益とはカネやモノばかりを指しているわけではありません。たとえば「その人といると楽しい。癒やされる」というのも、相手にとってはかけがえのない利益です。

どれだけちゃんとした30代を送ったかによって、いい40代につながる。とくに30代後半からは40代への完全な助走。僕の場合、仕事に夢中だったので、すごく早く過ぎていきましたね。

ページの先頭へ