柳井正の名言|自分から進んで、仕事の幅を広げていく必要がある。

自分から進んで、仕事の幅を広げていく必要がある。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

天井から自分を含む世界を見下ろす。つまり、俯瞰してみてください。他人事のように自分を見つめると、何をすればいいのかがわかり、案外流れに気づくもの。

林修の名言|他人事のように自分を見つめると、何をすればいいのかがわかる


本音を引き出したいときの会話にはコツがある。それは対面で、しつこいぐらいに「なぜ?」を繰り返すことだ。例えば、「なぜ、そのパンを選んだのか」という質問をしたとする。最初に返ってくる答えはたいてい「おなかが減ってたから」「コンビニエンスストアの棚で目についたから」という程度。でも、そこで引き下がらず、「ほかにも棚にはパンがあったはずだけど、あえてそれを選んだ理由は?」などと質問を重ねていく。相手が「あんまり考えたことがなかったけど、甘いものが欲しかったからかな」と答えたら、「甘い物が欲しいのであれば、××という選択もあったと思いますけど、これを選んだのはなぜですか」と聞く。これを10回ぐらいやると、たいてい相手が怒り出す(笑)。でも、こうした質問を7~8回繰り返すことで、ようやくインサイト(潜在意識レベルの本音)が見えてくる。

本田哲也の名言|消費者の潜在意識レベルの本音を引き出すには


ジヤトコに入るまでの12年間を米ゼネラル・エレクトリック(GE)で過ごしました。GEは資本主義の権化のような会社です。強い会社とはこういうものかと、内側で体感しました。何より、「リーダーシップとは何か」を教えてくれました。

中塚晃章の名言|GEで体感したこと


変化を怖れず、自ら変わっていこう。

三須和泰の名言|変化を怖れず、自ら変わっていこう


やらなかった失敗はあっても、一生懸命にやった失敗はない。毎日300%の力で取り組んでいるという自負がありますから、他人から失敗に見えても、私には試練と映る。

高田明の名言|一生懸命にやった失敗はない


いちいち私に判断を仰ぐようになったら会社は終わりだと常々言っているものだから、出張中、連絡は皆無に等しいです。私の場合、仕事の現場を離れたり、環境を変えることが断続的に考えていたことをアウトプットできるいい機会になっているのかもしれません。

宮内義彦の名言・格言|いちいち経営トップに判断を仰ぐようになったら会社は終わり


パワーポイントで数十ページにわたる資料を作ったら、どこが重要な情報なのか伝わりません。ところがトヨタ式なら、A3用紙1枚なのですべての情報が一目で確認できます。だから、社内で根回しを行うときにも便利。スムーズに情報共有が図れます。

稲垣公夫の名言|すべての情報が一目で確認できるようにする


情報は、正しいものを的確に拾えて初めて価値が生まれる。

屋代浩子の名言|情報は、正しいものを的確に拾えて初めて価値が生まれる


この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。

吉川英治の名言|人生という片道切符の旅を楽しくスムーズにやっていくには


商品は世の中に出した以上、永久に売るつもりでないといかん。

江崎勝久の名言|商品は世の中に出した以上、永久に売るつもりでないといかん


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ