トマ・ピケティの名言|各国の状況を比較すると様々なことが分かる。

各国の状況を比較すると様々なことが分かる。

トマ・ピケティ の経歴

トマ・ピケティ。フランスの経済学者。フランス・クリシー出身。パリの高等師範学校(ENS)、社会科学高等研究院(EHESS)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。経済学博士号を取得。アメリカ・マサチューセッツ工科大学助教授、社会科学高等研究院(EHESS)代表研究者、パリ経済学校初代代表などを務めた。著書『21世紀の資本論』がベストセラーになった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経団連のミッションでインドに出かけた折、マザー・テレサの活動に触れ、帰国後に注射器などを贈りました。するとすぐに私宛にお礼状が届き、そこにはこう書かれていました。「私を診てくださったすべての医師、看護婦、そして治療に使った薬や医療機器、これらのおかげで私がいま、生かされており、これらを通して、神様はたくさんの愛を示してくださいました」「この感謝の気持ちをテルモの皆さんのための祈りに代えて贈ります」。じつに心温まる手紙です。お礼状で大切なことは、心が伝わることです。

高付加価値商品やサービスの提供、リコーではもっとわかりやすく「普通でない商品」と呼んでいますが、これが提供できなかったら国際競争に太刀打ちできません。

運送業や物流業界だけでは、どうしても見方が偏ってしまいます。異業種交流会に参加することで、様々なことを勉強させていただきました。

壁に囲まれて抜け出せないと思っていても、周りを見回せば低い壁はある。そこから崩していけば、良い方向に人生は進んでいく。

水滸伝を書こうとしたのは、人が志を持って生きるとはどういうことなのかに尽きる。とはいえ、そもそも志とはいったい何なのか。果たして人間の幸不幸を志で測ることができるものなのか。僕自身も書きながら、答えを探している。

プロダクト(製品)はいずれ競合に追いつかれるにしても、企業文化は真似のしようがありません。

朝、仕事を始める前にその日のスケジュールを眺めて、1日の時間の使い方をイメージしましょう。1分でいいのです。時間に追われがちな人は、次にどんな仕事が入っているかをイメージできていないことが多く、そのためにあたふたする。それがなくなります。

消費って、常に買う側に主導権がありますから、嫌だったら買わなきゃいいわけで。そういう意味では、時代の根っこの変化、先鋭的な時代の空気を最もわかりやすく、真っ先に投影するのが、消費行動なのかもしれませんね。

大事なのは、選手を変えるのにモチベーションがいかに役に立つかを知ること。

省人化につながる革新的なテクノロジーの導入は、外部から経営者を招く欧米企業の方が素早く対応しています。一方、現場を長年経験し経営者になるケースが多い日本では、人材を守る意識が強い。日本の企業文化を守りつつ、これを強みに変えられるよう支援していきたい。

ページの先頭へ