ピエール・ナンテルムの名言|勝てる部分を探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

IBMなどは技術については強いでしょう。ただし、業界ごとにIoTをどう活用するかといった専門知識やソリューションの提供では、アクセンチュアが差別化できると考えています。最適なパートナーから技術を調達したうえで、当社が組み合わせて提供するというスタンスです。


ピエール・ナンテルム の経歴

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これまでの成果に甘んじていては成長がストップする。今年のスローガンは「突破」です。

ムダを省き、正しい取り組みを正しく評価して社員の才能を引き出す。そうすると間違いなく利益は出るようになります。

目標はしばしば目的と混同されていたり、メンバー間で共通理解が得られていなかったり、という傾向が見られます。たとえば会議を行なう場合、目的は「アイデアを出すため」ということで共有できていても、何をもって成功とするかについては各人の見解にズレがある、ということも起こり得ます。「アイデアが何個出れば良いか」など、基準を定めておくことが必要です。

瞑想とは、自分自身の心に気を配り、健全な関心を持って、どんな症状が生じてきてもひたすら見守り受け止めていく訓練である。そこから自分の心についての理解も自ずと深まっていく。それはまず、自身に大きな安心と自己信頼感をもたらす。また、こうして自身の心の内部で醸成された関心は他者へと向かい、相手を理解し共感していく力へと発展していく。

人を笑わすということは要らないプライドを捨てる、つまり「格好つけない」というメンタルが重要。

どうか悩むことなしに、自分にはやれるはずだと思って生きてください。生きていくのには苦労はつきもの、それが当たり前という前提に立てば苦しくない。

LCC(格安航空会社)が最初に登場したときには、米国市場に大きなインパクトをもたらしました。既存の航空会社からマーケットシェアを奪って、拡大し続けていましたが、この時代はもう終わったと私は思っています。なぜならLCC自体がすでに成熟していますし、燃料費が高騰しており、これまでのように安い運賃を提供できる時代ではありません。一時はたくさんのLCCが誕生しましたが、その多くがもう消えてしまっています。

ページの先頭へ