中原淳の名言|メンバー全員でチームを動かしていく形のリーダーシップが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な属性を持った人が集まったチームで課題の設定から解決までを行うためには、もはや一人のリーダーが全員を率いていくようなリーダーシップではなく、チームメンバー全員でチームを動かしていく形のリーダーシップが必要になってきている。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「All OK = All no good(誰もが賛成することは、総好かんと選ぶところはない)」。売り方と買い方の競り合いなしに相場が成り立たないのと同じ理屈である。

「忙しい時期が過ぎれば、行動に移す」という人がいます。しかし、そのときが来ることはおそらくないでしょう。忙しいといって何もしない人は、いつまでたっても行動を起こしたりはしないのです。

商品がコモディティ化するほど、微差が大きな強みになる。隣の商品と99%は同じでも、「この手触りはちょっと違うな」「この香りは他にはない」という残り1%の違いが、「買う・買わない」を決める。微差こそが決定的な差となるのです。

グローバルに出ていくと、初めての部下、商品、お客様を相手に仕事をすることになります。国内で慣れた部下、商品、お得意様と仕事をするような、いわゆるコンフォートゾーンでするような仕事は許されなくなってきます。常に自分自身を再教育し、イノベーションを起こしていく意欲が必要です。しかも、その中心には我が社の理念、哲学という柱がなければいけません。

自分の物差しは引っ込めて黙って汗を流せ。いいところは人に譲ってやれ。損して得取れだ。人にも好かれる。

地元では知られていても、全国的な知名度が低いために、新事業にチャレンジする資金が集まらない。そんな事業者が地方にはとても多いんです。ファンドを組成することで、資金調達だけでなく、その活動内容や存在についても発信ができます。マーケティング的な効果も大きいですね。

当社は20年の歴史しかない若い会社ですが、その分、余計なしがらみがなく自由に動けます。それを強みとしていろいろな分野に積極的に挑戦していきたい。

会社売却の相談は、ついつい身近にいる同じ業界で働く経営者や同業者の方々に相談してしまいがちですが、同業者ならではのデリケートな問題も絡んできますので、よほど特別な間柄でない限りは慎重な振る舞いが求められます。最初の相談先には業界とは関係のない相手を選ぶほうが無難です。

経営学では、優れたリーダーほど情景が浮かぶような言葉を使うことが明らかになっている。

我々はまず競合環境分析から始める。その後、キーとなる競合企業数社を徹底的に調べ、彼らの成功要因を可視化していく。

ページの先頭へ