糸井重里の名言|気になっていることをそのままにしない

このエントリーをはてなブックマークに追加

いい状態で仕事をするためには、健康も大事。僕は、気になっていることをそのままにしないようにしています。この前は産業医の先生に「本当に物忘れがひどくて」って相談したら、脳ドックをすすめてくださったので、すぐに受けてきたんですよ。何にも異常はなく、健康だってわかりました(笑)。体調が悪いのは、体のせいじゃなく、自分のせい。体を言い訳にしないことです。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営の根幹は会社の資産であるヒト、モノ、カネの相乗効果をいかに高めるかです。

研究開発時代、徹底的に考えて、新しい方法を考えることの重要性を学んだ。

睡眠の最適解を見つけるには、自分の「悩み」を明確化することが必要です。寝つきが悪い、眠りが浅い、早朝に目ざめたあと眠れない、長時間寝ても疲れが取れない……など、同じ「睡眠不足」でも様々な側面があるものです。自分がどれに当たるのか、もしくは複数該当するのか、つかむのが第一歩です。

どんなに嫌な上司でも、8割くらいは服従している様子を見せていないと、その組織でやっていけません。自分の身を守りつつ、虎視眈々と自分の芽を出せる順番を待てばいいんです。男性は我慢していれば、いつかは順番が回ってきますから。とにかく中途半端が一番ダメです。能力がないのは問題外。変に自己を主張する人も嫌われます。

いまやほとんどのもの、優れた社員、顧客、ブランド、さらには会社に至るまで、お金で買えるようになりました。唯一買えないもの、それは意志です。この会社をこんな会社にしたいという意志だけは、お金で買えません。それが経営の本質であるというのが、私の結論です。

自分一身に降りかかる労苦を何とも思わないような人でなければ、どうして天下国家の人々を幸せにすることができようか。

本当の評価は誕生した時点ではわからない。時代の波を受け止めながらどう成熟していくのか、社会経済にどんな効果をもたらしたのか、それによって何を実現したのか、長い歳月をかけてわかってくる。

炭素繊維は研究予算だけで1400億円を投入しました。確かに我々は相当しつこいかもしれません。ただその間、どこにも採用されず、赤字を垂れ流していたわけではありません。最初はテニスラケットやゴルフシャフト、釣りざおなどに使われ、そこで生産技術を磨いてきました。

「あしたのチーム」――変わった社名だとよく言われますが、「目指すゴールや役割分担が明確になっていて、社員一人ひとりがゴールに向かって最大限のパフォーマンスを出そうとしている。社員が仕事に対してワクワクした気持ちを持っている。そんな『最高のチーム』をつくるための会社」という意味が込められています。

自分たちが着たい服をつくる。自分たちが理解できないものは売らない。

ページの先頭へ