糸井重里の名言|たくさんの仕事を動かすためにスケジュールは秘書に任せる

このエントリーをはてなブックマークに追加

スケジュールは、秘書から毎日メールでもらっています。日ごとに更新されていくので、毎日の予定をちゃんとはつかんではいません。でも、そのくらいがいい。スケジュールを把握していると上手にやろうとして、力の入ったスイングばかりになっちゃうというか。やっぱり何があっても、「はい」ってスタートできるようじゃないと、たくさんの仕事を動かせないんですよね。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様は何を欲しいと思っているのか、いくらなら欲しいと思うのか、常にお客様の立場で考え続けることで、新しい市場はつくり出すことができる。

自分自身がやる気が出なくて困った、ということはほとんどありません。しかし、一貫して大変だったのは、「人」ですね。一緒に働く人の自己中心的な行動や考え方によってモチベーションを下げられそうになったことが何度もありますし、何より彼らのモチベーションを上げることがとても大変でした。

グローバル化の時代、経営者は「外に目を向けよ」と常に言われる。しかし、私は、経営者は一方の目で外を見ても、もう片方の目では同時に内(社内)を見ていないといけないと思う。

何度もやったことがある仕事なら考えなくてもできます。だいたい1万時間も仕事をすれば一人前にはなります。ただ、それはサッカーで言えば試合に出られる選手になったというだけのことで、ゴールを決められるかはまた別の問題です。

結果を残す人は、目的意識が明確です。「自社のビジネスに応用することは可能か」、そのことを常に念頭に置き、記事を読み取っています。記事を利用して儲けにつなげようとする貪欲さを持っています。

国境を越えた企業間取引はお互いの意思疎通がうまく行くかどうかが大きなカギを握る。商談をうまく進め、細かなトラブルを回避するためには、重要な商談であればあるほど、英語ではなくお互いの母国語で行った方がいい。

常に最先端に立てるよう、自ら生産性を引き上げてください。今後、進化をし続けない従業員はいらなくなるのですから。

ビジネスへの貢献を果たしていくには、まずお客様を理解することが不可欠です。社員一人ひとりがお客様目線でものごとを捉え、お客様の立場で考え、行動する。

情報とは「発信者の都合のいいように加工されたモノ」。ニュースの場合も、最初に結論がある。取材とは、そのテーマに沿った人のコメントやデータを集めること。極論すれば、メディアに載る情報で100%完全に客観的な情報なんてないと考えたほうがいい。

ほかの人と私が違うところがあったとしたら、それは失敗の数です。私は農薬に対して無知だったから、誰よりもたくさん失敗しました。

ページの先頭へ