糸井重里の名言|手帳には日々の記録を

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、自分たちで作っている「ほぼ日手帳」は完全にメモ帳として使い、日々食べたものや観た映画とか考えことを記録しています。そうすると、「あのときこうやったな」「一昨年のあれ、今なら実現できるな」とか考えることができる。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トップに立つ時、何より大事なのは、変えること。小さなことでいいから、とにかく変わったと誰もが分かるようにすること。

これまでグループ内で、複数の企業がシステム関連事業を手がけ、それぞれがユニークなビジネスを展開してきました。これらを一体化すれば、大きなシナジーが発揮できると判断しました。各社が持つリソースを融合すれば、競合他社とは異なるソリューションが提供でき、大きな市場成長性が見込めます。

現場からは開発が間に合わない、原材料費で元が取れないという意見があがるかもしれません。ただ、これはメーカー側の論理であり、顧客には関係のない話です。常に顧客の視点に立って開発者に意見する。私が言う「顧客の代表」とはこういうことです。このように、アイリスは製品の価格決定プロセスが他社と決定的に違います。

どんな会社でも、結局は人で成り立っています。当社の企業理念は「人をつくり、人につくす」です。

中学生の時は、絵が得意な友人、音楽ができる友人を集めてゲームをつくってパソコン雑誌に投稿したこともあります。その時に、一人だと不可能なことも、組織だと可能性が広がることを学びました。

常にポジティブな顔をしていればいいかといえばそうとは限りません。相手を怒らせてしまったときなどにニコニコしていたら、さらに怒りを買うことは必至。日本人は特に、他人との共感を重視するため相手の心情に合わせた表情で対応することが大切です。相手が怒っているときは口角を下げて申し訳なさそうな顔=ネガティブ顔をする。そうすると、相手は自分の思いが伝わったと解釈し、怒りの感情が収まるのです。

マーケットが変化するなら、売り手側も変化しなくてはならない。その際、忘れてならないのは、新たな需要は店の中ではなく、常に外にあるということです。コンビニの店舗というプラットホームの意味を問い直し、いまは店の外にあるが、顧客の潜在的なニーズを掘り起こす商品やサービスを取り込み、照準を絞り込んでレコメンド(推奨)し、新しい価値を続けていく。これを絶えず繰り返していけば、単身世帯や共働き世帯の増加を背景に、新しい市場を生み出していくこともできます。

赤字でも撤退しなかったのは、統合で規模を拡大し、シナジー効果を出せば競争力を高められると考えたから。競争力を高めて事業を続ければ、まっとうな収益が入ってくると判断した。

30代、40代になると気合だけではままならないことが山ほどある。仕事量が増えたり、ポジションが上がって部下の人生まで面倒を見るとなると、気遣いが必要な場面がたくさん出てくる。

自分で自分の心にブレーキをかけてしまう状態では、実力を発揮できない。

ページの先頭へ