柳井正の名言|原理原則はどこでも一緒

このエントリーをはてなブックマークに追加

日米欧など国・地域によって経営スタイルは違うと言われるが、原理原則はどこでも一緒。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスの現場において、常に求められるのは、技術や能力を表す仕事力と人間性や人柄を表す人間力です。仕事力が傑出しているけれども、人間力があまりない人を才子といいます。ただこの人は器が大きいとは思われません。それにはやはり人間力が必要で、この2つを併せ持つことが大切です。

話し上手になりたければ、聞き上手になることだ。興味を持たせるためには、まずこちらが興味を持たなければならない。

研究開発では時間軸を意識させています。今の時代、顧客のニーズを先回りして研究していても、もう少し後で来るだろうと思っていた顧客からの要求が、あっという間に来てしまう。そうした要求に応えられず、2番手、3番手になってしまうと、当社が得られる利益も減ってしまいます。3年後に来ると見ていた要求が来年くるような感覚です。

奉公人の中に、たとえ相当の技量がある者がいたとしても、支配人や番頭の指示に従うことなく、我がままで高慢な者は、速やかに暇を与えて、替わりの奉公人を採用すること。

幸せな働き方は人によって違うでしょう。マッキンゼーにはクライアントの要望に応えるために1日3時間しか寝ないで働くことに喜びを感じる人もたくさんいました。一方で、毎日決まったことの繰り返しで、午後5時に帰ることができる仕事が自分に一番合っているという人だっているはずです。どちらがいいかとか悪いとかいうのではなく、それをわかって働くことが大事なのです。

当社は、営業の考え方や仕入れの方法、競合他社との戦い方、商圏に適合した個店経営など、それぞれに変革を積みかさねています。

経営統合したら、KADOKAWA・DWANGOで何かやるとみんな思うでしょう。そうしたら全力で、ドワンゴだけでできるサービスをやるわけです。みんなに「経営統合って何だったっけ」と思ってもらえたらそれでいいんです。

ページの先頭へ