柳井正の名言|原理原則はどこでも一緒

日米欧など国・地域によって経営スタイルは違うと言われるが、原理原則はどこでも一緒。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は、自分にとって「価値がある」と感じたときに、相手の言葉に耳を傾け、行動するようになります。部下を「聞く態度」にさせるためには、彼ら一人一人の価値観に合わせた働きがけが大切になるのです。

原点に戻るには、マインドや働き方を変えないと駄目なのではないか。熾烈なシェア競争をしているときに、我々はどこを見ていたのだろうかというと、お客様ではなくアサヒばかり見てしまっていた。アサヒがこういう商品を出したからうちも出さなくちゃいけないと。いったいキリンは何をやっているんだと長年のお客様は怒り、「落第の通信簿(シェアの下落)」をもらってしまったわけです。
【覚書き|社長就任時のキリンの状況について語った言葉】

創業にあたっては、従来の焼鳥屋と同じようなものをつくっても仕方がないと思い、異なる市場を開こうと考えました。その一つが、ターゲット層の変更です。

能はいつも決まったことを繰り返しているように見えるかもしれませんが、実は違います。常に新しいことをやっているのです。囃子方(はやしかた)や地謡(じうたい)などとのぶつかり合いの中で、常に創造しているからこそ、数百年たった今なお輝きを失っていないのでしょう。

コカ・コーラでは比較的認知の低いブランドを担当していたので、いかに自分の部署に広告費を回してもらうかという苦労を味わいました。大きな組織の中での立ち振る舞いはどうあるべきか、どのようにすれば組織の中で自分の話を聞いてもらえるかを学びました。

まずはどんなロボットも人の生活に役立つものでなければならず、どんなに優れたロボットであっても、生活に役立つものでなければ製品化はされません。ロボットというのは「Dull、Dirty、Dangerous(退屈、不衛生、危険)な仕事から人々を解放する」ものでなければならないからです。

新しい表現に挑戦するときは常に、先輩方が構築してきた伝統を壊すことにならないか悩んでいました。背中を押してくださったのは、宝塚を象徴する男役スターとして活躍した故・春日野八千代先生の言葉でした。「何かを始める人間は頭を打たれる。それでも、やりたいかどうか」。こう言って頂き、覚悟が決まりました。

頼みごとをするとき、私は断られることを恐れず手紙を書いていました。断られることにびくついていると、それが文章に表れて卑屈な印象を与えてしまう。「断られたら、またチャレンジすればいい」というくらい大胆な方が、偉い人は可愛がってくれます。

日産自動車がインドで発売した小型車「ダットサン・レディゴー」では、半額程度の廉価部品を開発・提供しています。半額ともなると考え方を根本的に変えなければなりません。当社の従業員にはそれに応える力がある。

うちのサイトを欲しいと言っている企業もあったので、いざとなったら売却することも、常に頭の片隅に入れていました。そうしないと、精神的に耐えられなかった。

ページの先頭へ