柳井正の名言|原理原則はどこでも一緒

日米欧など国・地域によって経営スタイルは違うと言われるが、原理原則はどこでも一緒。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

このあいだ、贈り物をした人からお礼のメールがきたんよ。でも全然嬉しくない。定型文からはなんも気持ちが伝わってこんね。オレだったら手紙を書くよ。手紙って面倒くさいけど、その手間や文字から気持ちが伝わってくるよね。

島田洋七の名言|定型文からはなんも気持ちが伝わってこんね


新規開拓は保険に関心がないお客様がほとんどです。まず興味を持っていただくために、お客様の人生や保険について一緒に考えるコンサルティング的姿勢が不可欠です。ところが、親せきや友人など自分のバックグラウンドと商品のみの説明で成績を伸ばしてきた人は、成功体験が足かせとなって手法を上手く切り替えられません。だから、人脈が枯渇した途端伸び悩むのです。

佐藤義雄の名言・格言|成功体験は足かせとなる


新規事業立ち上げのとき、事業を成功させた経験のない管理部の人間に「管理・支援」をさせるとかなりの確率で足を引っ張ります。そういった管理部の人間がどんなに好意的・良心的に接しても、新事業のスピードを削ぐ方向になりがちだからです。新しい分野での新事業立ち上げは、管理部ではできません。

赤羽雄二の名言|新しい分野での新事業立ち上げは、管理部ではできない


突然売上げが落ちた場合、安売りのセールをするのも対処法の一つかもしれませんが、私はお勧めしません。これを許してしまうと、安易に叩き売りする悪しき前例が出来てしまいます。一時的に状況は好転するかもしれませんが、また同じ問題が起こったときにはどうしますか。対策は一つだけでなく、複数考えた方がいいでしょう。その中にどうスパイスを入れられるかです。同じ失敗をしないだろうと思える工夫を混ぜてみてください。易きに流されないことで、社内外に対して、当社は本質的な解決方法を考える文化があることを示すことが出来ます。

野坂英吾の名言|易きに流されないことで、社内外に対して、本質的な解決方法を考える文化があることを示すことが出来る


定性的に「おまえのところは少し成績が悪い」」という話ではなく、全部の工場を工程別に技術指標など言い訳の余地のない物差しで並べるんです。「俺の城だ」とか「俺のやり方が正しいんだ」とか、そういう情緒的なやり方ではダメなんです。現場の人間まで意識改革しなければなりませんから時間はかかりますが、必ず全体の底上げになる。

宗岡正二の名言|定性的、情緒的なやり方ではダメ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ