柳井正の名言|まだ小さな会社でも、夢に共鳴する人が多ければ、事業を拡大できる。

まだ小さな会社でも、夢に共鳴する人が多ければ、事業を拡大できる。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何事も勉強だと考えて、そこで得られる知識や経験を貪欲に吸収してほしい。それが次の仕事に大いに役立つ。

成功する事業、こういうと、いかに売上や利益が大きいかという話になります。しかし、私は、自分たちの分を知り、本当に価値あるものを生み出すことに徹した事業者こそが、真の意味で成功しているのではないかと、心の底から思いたいのです。とくに若者には時代を読み、人の心を見つめながら、本物への挑戦を願いたい。

日本では問題提起が対立を生む。日本人は自分を正当化し、屁理屈をこねて、無関係な話を持ち出す。普遍性も合理性もない。だから、目の前のシンプルな答えに気づかない。

万が一、事業がうまくいかない状況が続いたら、さらに大きな穴にはまらないよう、慌てず騒がず、失敗の原因を探ってください。再起不能ラインさえ越えなければ、何度でもやり直しは可能です。チャレンジ精神を忘れないでください。

やみくもに仲介業務を獲得しようとするのではなく、お客様と当社の双方が互いに喜び合えるような、サステナブル(持続可能)な関係を築く必要があります。

もしお客様からカウンター越しに一方的に怒鳴りつけられたら「す、すみません。お客様の言葉で怖くなってしまい、なんと申し上げていいのか……」と言う。すると暴言を吐いた側は「いや、怖がらせようと思って言ったわけではなくて」と慌ててしまうことがほとんどです。

もしあなたが、何か不満があってそれを抱え込んでしまっているのなら、もっと積極的な発信が必要です。

人間は、どのような事業目標を掲げるかによって考え方が変わってきます。たとえ同じ人物であっても、目標それ次第でその後の人生が大きく左右されるのです。

最初は信用してくれなくても、細々とでも続けていれば、こいつインチキじゃないって思ってくれる人が出てくる。人が変わっていくのが肌で感じられるんですよ。

小さいころ出来なかった分を取り戻す勢いで野球に熱中していますが、野球で体も心も少年に戻ることが健康の秘訣かもしれません。

創業当時、高級ホテルや旅館をかたっぱしから訪ねていきました。飛び込み営業です。私もまだホテル業界のことをいまほどわかっていなかったので、訪ねた先で「こちらのライバルはどこですか?」と聞いて、教えてもらったホテルにいく。どんどん提携先を開拓して、サービスを軌道に乗せないと会社が潰れてしまいそうな状態だったんです。名古屋のホテルを回ったときは、一日に8軒を訪問して、「この場で決めてください」といっていました。それくらい必死でしたね。

選択と集中に人々の目が奪われるのは、集中には効果が早く出て、華々しいという特徴があるからである。選択と集中は企業が危機にあるとき採用されることの多い戦略である。非常時の戦略であるといえるかもしれない。実際に、選択と集中は急激な業績回復をもたらすことが多い。いわゆるV字回復である。不採算事業の売却によって直接的に利益回復が見込めるだけでなく、戦略分野に資源を集中することによって、そこでの利益の改善にもつながる。

経営理念はただ掲げているだけでなく、リーダーがことあるごとに語り続けなければ受け継がれていきません。

ページの先頭へ