柳井正の名言|経営者には高い倫理観が求められる

経営者には高い倫理観が求められる。悪だくみや単なる金儲けのために協力してほしいと求めたら、社員も取引先も手を差し伸べてはくれない。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ITの分野は技術革新のスピードが速く、次々と新しい技術が入ってきます。技術者、とくに若い人は先端の技術を使いたがるものです。たしかに出始めの技術というのは性能もいいし、将来性もあります。ですが私は「重要でシビアなシステム構築であるほど、枯れた技術を使いなさい」と言ってきました。技術の「先端」「中核」「成熟」の3段階に分類すると、成熟技術を生かすべきときがもっとあるということです。

幸い日本は社会保障が整備された同ですから、どんなに大失敗をしても、最後は国家によるセーフティーネットが存在します。であれば思い切って挑戦すればいいのです。

ジェットスター・ジャパンでは、ゼロから組織をつくってきました。集まったのは様々な経歴、国籍のスタッフです。多様性があるほど、経験者が予期しないような示唆に富んだ提案が生まれます。多様性あるスタッフから出たアイデアが、様々な場所で生きています。

私のことをすごく攻撃してくる人がいたとして、私は「負の感情にはその人のテーマがある」と思っていて、相手を嫌う前に「何でだろう」という疑問があります。それでその人を徹底的に分析しまくり、悲しんでいる自分のことも分析して、プラスに反転して、全部栄養にして食べちゃう。

ボーナスには手を付けないのが理想です。ボーナスの配分が高い会社とそうでない会社があるにせよ、「ボーナスがどれくらい残るか」で私たちは家計の健全度を見ます。

人間は、自分の話をたくさん聞いてくれた人に心を開く生き物です。極端な話、「相手がほとんどしゃべっていた」という状況でも構いません。

完璧を目指すのではなく、自分にできることをさっさとやって、早めに書類を提出する。そのうえで上司など相手のアドバイスをもらえばいいんです。いうなれば人の力を借りて完成させる。その方が相手の望むものができるし、自分も楽ですから。

この人は運が強そうだとか、共鳴し合える人だというのは、その人をよくみていればみえてくるものです。その人の仕事のやり方や、一緒に仕事をしている人たち、現在のポジション、なぜそこまで出世できたのか。ひとつひとつを敏感に感じ取っていけば、自ずと見えてくるものです。

自分の年齢と子供の年齢を重ね合わせて、キャリアをシミュレーションし、いろいろな先輩女性たちの話を聞きました。何年後に育児に手がかかるか見えてきたことで、むしろ今何をしておいたほうがいいかが見えてきました。

電動バイクの市場としてベトナムを考えたとき、ベトナムの日本人コンサルタントに「止めておきなさい」と言われたことがあります。理由は、ベトナムでは電動バイクが一度流行ってダメになったからです。しかし、だからダメだというのは違うのではないか、と思いました。現場でいろいろとヒアリングをしていくと、かつて流行ったのは中国製の電動バイクで、ダメになったのは電池の寿命が短かったからだということがわかりました。ならば、電池の寿命が長ければ可能性はある、と思いました。実際、弊社は昨年ベトナムに現地法人を設立し、事業を展開しています。

街を歩くときは、目に映るものすべてに注目します。たとえば、交差点で信号待ちしているときに、私より上の世代のおじいさんがシャキッとした格好で立っているのを見たとしましょう。そこで「去年までは、この時間におじいさんが立っていることはなかった」ということに気づけば、世間で高齢社会と言われていることが本当なのだなと確認できます。続けておじいさんのファッションに目をやると、さらに多くのことがわかります。一昔前はジャージかゴルフウェアを着ている高齢者が多かったのに、最近の高齢者はチノパンにチェックのシャツ、それにキャップを被って杖も突かずにスタスタ歩いている。そこから、「高齢社会といっても、好奇心旺盛で元気な人が多い。これは私たちのビジネスにつながらないだろうか」と発想が広がっていくんです。

集中力の高い状態とは、脳の基本回転数が上がっている状態と言い換えることができます。脳の基本回転数とは、何か問題を解決すべきときに素早く的確な判断ができる脳の力量のことです。残念ながら脳の基本回転数を自分の意思で上げることはできません。私たちにできるのは、時間と仕事の量の関係を意識することだけです。つまり、「この仕事をこなすには、これだけの時間しかない」という状況を意識することによって、間接的に集中力を高めるしか方法がないのです。

人を好きになるということは、個人の強い点を認めるということです。欠陥や弱点ばかりを指摘するのではなく、いい点を見つけるのです。相手の強い点を見出すためには、一にも二にもコミュニケーションを密にし、能力を磨くことです。

ページの先頭へ