柳井正の名言|経営者には高い倫理観が求められる

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者には高い倫理観が求められる。悪だくみや単なる金儲けのために協力してほしいと求めたら、社員も取引先も手を差し伸べてはくれない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はもともと自分に自信があるわけじゃありません。試合でマットに上がるときは、いつも凄く怖いんですけど、負けたくない気持ちは人一倍強いから練習をするというか。臆病だけど、勝負に対して執念深いというか。ちょっと説明するのが難しいタイプです(笑)。

専門性が高いほど、互いに相手の立場を配慮できるもの。自分の都合ばかり押し通そうとしないことがカギ。

経営の本に書かれていることは、「すでに誰かが試したこと」ばかり。つまり、誰かが試して、その道は出来あがってしまっているわけです。ビジネスで同じ道をたどっても、得られるものは限られています。同じ線路を走っても、前の電車は絶対に追い越せないですから。やっぱり経営者なら、新しい道をゼロから作りたいですよね。

信頼関係が成り立った上に成長がある。

我が社の場合、一番大切なのはお客様に喜んでいただくことです。お客様は心も体もリラックスしたいと思って、はるばる宮崎まで足を運んでくださる。旅から帰ったとき、家族や友人に「シーガイアよかったよ」とひとこと言って下さるかどうか。顧客満足を高めてリピーターになっていただき、さらにクチコミを広めていくことが、我が社の活路となると考えました。

会社の歴史が長いということは、取引先との歴史も長いということです。歴史があるからこそ、苦しいときには助けてくれる。もちろんその逆もある。それにアパレルの世界でタキヒヨーの名を知らない人はいません。これはありがたい。だからこそ、今後も歴史をつくり続けていく。そのためにも新しいことをやり続けることが重要なのです。

当社の事業には四つの柱があります。たとえるならば、ひとつの株式銘柄にすべてを注ぎ込むと、塩漬けになりかねませんから、事業ポートフォリオ(構成)は全部並列に見ています。そこで私は、ここの事業領域が相乗効果を発揮できるよう、高成長・高収益の事業領域を複数持ち続けることにこだわっています。

「なぜ今そんなことをやるのか」「赤字でもないのにどうして構造を変えないといけないのか」。多くの社員は戸惑い、驚きました。それでも事業構造を転換しないと50周年は祝えても、次の50年は続かない。そんな危機感から全社運動として改革をスタートさせました。

当社の社長になる前、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの臨床診断機器部門のアジア太平洋地域を統括していました。海外は国ごとに文化が違うので、信頼できる人に現地のリーダーを任せ、彼らをサポートする形で仕事を進めました。

私の場合、まずは「言いたいことを言ってみろ」と言うように心がけてきました。立場が上になると10のうち8、9を自分でしゃべっている人もいますが、会社組織において上司がやるといえば、部下は最終的にはついてこなければなりません。プロセスの最初の段階では、部下からいろいろな意見を言ってもらうのが正解でしょう。自分が言いたいことや思っていることを言う前に、極力、相手の話を聞く努力をする。

ページの先頭へ