澤田秀雄の名言|危機はチャンスであり、マイナスはプラスに変えればいい。

危機はチャンスであり、マイナスはプラスに変えればいい。

澤田秀雄 の経歴

澤田秀雄、さわだ・ひでお。旅行会社HISの創業者。高校卒業後、ドイツのマインツ大学に留学し、ヨーロッパを旅してまわる。帰国後、HISの前身であるインターナショナル・ツアーズを創業し、格安航空券を個人に販売し大成功を収める。その後、航空会社スカイマークエアラインズを設立や、ハウステンボスの経営再建に成功するなど、同社を総合旅行企業へと成長させた経営者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

芸というのは、社会のゆとりで生かしてもらっていく世界。満遍なくみんなに心地よくなってもらって、生かしてもらわなきゃ。お客さんのゆとりを失わせちゃいけないの。見たくないなら、ムリして見なくていいですよって。寝ているなら、静かにやりますねって。

私の上司は入社当時から今に至るまで誰もいないし、物事がうまくいけばそれは皆さんのおかげであり、失敗すればその責任はすべて私の責任。そう思ってやってきました。

勉強でも何でもわからんことあったら人に聞け。聞かれた相手も喜ぶから「アホやな」なんて教えてくれるし、仲良くもしてくれる。

本音を言わないと、キャラも人も好かれない。

言語は文化そのものである。自らの言語を守ることは、世界中の特に少数民族にとって極めて重要な課題となっている。

社外取締役の意見を組織に取り入れられるかは、社長の器量にかかっている。

人間の業は、しょうがないものでございますよ。もうこれでいいということがないんです。人の欲望は尽きないものです。我慢して我慢しきれるものではありません。あれを食べたい、これが欲しい、これをやらずに死んでたまるかというのは、人の生きる力そのものです。脳外科の偉い先生も言っていますよ。そういう意欲が萎えた途端に人の体は弱ってしまうんだと。

2枚目の名刺とは、お金と関係なく自分が本当に好きなことを本業と並行してする活動のこと。名刺を作るほど本気で社会活動するところが趣味と違うんです。まずは本業をきちんと持ちながらやるので2枚目の名刺では思い切ったチャレンジでき、それが成功へとつながります。また本業以外が充実することで、本業にも良い影響を与えるのです。

古い映画は別にいいですから、新しい映画をどんどん観て、楽しむことですね。結局、映画でも何でもそうだけど、そのときのためにつくっているんですよ、僕に言わせればですよ。僕にしてみれば、古いのはテンポが遅いんです。それと、そこから学ぼうなんて姿勢がすでに駄目ですね。だってその当時、誰も学ぼうと思って観てないし、学ばせようと思って作っていなくて、楽しませようとか、お客さんに何かを伝えようと思ってつくってるわけだから、これの構造を学ぼうとかいうところで駄目ですね。映画に対して失礼だし、つくり手に対して失礼です。だから、少なくともいまの作品を観て、自分に合ったテンポで、楽しいというものがありますから、それでいいと思います。

1億円稼げる人たちは、自己投資にかけるお金を決して惜しまない。稼いだお金を自己投資に使わず、すぐにキャバクラで遊んだりする人は、まず生きたお金の使い方を学んだほうがいい。

ページの先頭へ