ピエール・ナンテルムの名言|誰もが変化の中にチャンスがあると考えている

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は毎日のように顧客企業の経営者と議論していますが、誰もが変化の中にチャンスがあると考えている。


ピエール・ナンテルム の経歴

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

銀行業界では、経営トップには「頭取」という特殊な呼称があります。また、顧客重視と言いながら午後3時には営業店のシャッターを閉めます。それは、自分たちが特別な産業に従事しているとの意識が強いからだと考えています。私は「銀行の常識は、世間の非常識」と言い続け、とにかく普通の会社にしようとしてきました。

成功というと、とてつもなく大きな成功を想像してしまうのですが、「少しうまくいった経験」や、「なんとか逃げ切った経験」、それらも成功体験です。常にプラス思考で、前向きな人というのは、小さな成功体験を細かく思い出すことができ、日々の「うまくいった」経験を、自分を誉めるくらいに喜ぶことができる。その経験が、自信となり、何を始めるにも「次も大丈夫!」と積極的に取り組むことができているのです。

哲学とは、物事の奥底にある本質を探究する能力です。哲学を学ぶと地頭が鍛えられ、それはすなわち教養を形成することになるのです。

地方は疲弊しているといいますが、優良企業はたくさんある。

大ヒットするのは今までには無いタイプのゲームであり、二番煎じのゲームからは大きな成功は生まれません。

若い人がもっと勉強するようにならなければ、日本が競争力を高め、より豊かな国になることは望めません。私たち企業人も含めて社会全体で大学教育の在り方をもう一度よく考えるべきですし、大学学側もグローバルな競争を見据えて改革に取り組んでいただきたい。

プレゼンでの言葉遣いは、相手によって変えています。たとえば、「アティチュード」「レスポンシビリティ」などという横文字が好きな人もいますし、逆に、嫌いな人もいます。そのときどきの反応によって、使う言葉を変えていますね。

ページの先頭へ