ピエール・ナンテルムの名言|変化に応じられなければ競争優位性を保てない

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営環境は大きく変化しています。それに応じられなければ、顧客企業との関係性を維持できませんし、競争優位性も保てません。


ピエール・ナンテルム の経歴

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下がいれば、誰にでもできる仕事はどんどん振って、自分にしかできない仕事に集中することも大切です。付加価値の高い仕事をたくさんして熟練することで、さらに仕事が速い人になれるからです。

最近のビジネスマンはプレゼンテーションのときに上手にパワーポイントで資料をつくりますが、プレゼンで強調したいキーワードや数字が資料から抜けていることがときどきあります。話が重複するから書かなくてもいいと思っている人もいるようですが逆です。強調するためには重複させなければなりません。よりわかりやすくするために、耳から入る情報と見る情報の相乗効果を持たせるべきです。

「自分が大切にする価値観」は、難しい選択を迫られた時や、苦難に直面した際の道しるべにもなります。私が難しい決定を任された時、いつもこの「自分の価値観」とつなげて考えるようにしています。「勇気をどう発揮できるのか」「恐怖や心配から導き出される選択は何か」を、自分に問うのです。

経営者に必要なのは、何をやったらどうなるのかということを正しく判断する「推測判断力」です。これが大事です。現在やっていることをベストを尽くしてやるだけではダメなのです。

情報や思考を整理するときにはA5判のノートを使います。スペースを限定したほうが、必要なことを厳選して書くので、思考を整理しやすくなる。

菓子業界を巡る環境は年々厳しくなっています。その中で確固たるブランドを維持していくことが生き残るための王道ではないでしょうか。

「経営のイノベーション」を生み出す智慧のエネルギーは、本来はどの経営者も内側に持っている筈である。しかし、多くの場合、その力は先入観や業界の常識によって閉ざされてきた。

ページの先頭へ