ピエール・ナンテルムの名言|好業績は変化から

このエントリーをはてなブックマークに追加

業績が伸びている理由は、アクセンチュア自身が過去数年、変わってきたからだと考えています。


ピエール・ナンテルム の経歴

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

真っ先に手をつけるべきは簡単な仕事です。たとえ仕事全体の2割しか占めていない仕事でも、それを片づければ残りの8割に全力を注げます。精神的にも肉体的にも負担が軽くなり、仕事もスムーズに進みます。難しくないぶん、早く終わらせることもでき、終わったときの達成感も得やすい。まずはそうして「圧力を減らす」ことが、時間に振り回されないために必要なことです。

うちの豆腐には、ぜんぜん満足していないんですよ。もっと美味くなるはずなんです。いつもそれですごく悩んでいます。

してはいけないと思っているのは、過去を振り返ること。ずっと前を見ながら進んできた。自分が何をしたいか、何をすべきかを考え、ゼロからチャレンジする年にしたい。

進むときも退くときも、いったん踏み留まって考える。この段階を急いではいけません。

すべてを全部一人でやるのですから、猛烈に忙しかったのです。でも、日ごとに商売が大きくなっていくのが楽しくてしょうがなく、寝る間も惜しんで働きました。
【覚書き|伊藤忠商事ロンドン駐在員時代、日本の生地を英国企業に売り込む事業を一人でゼロから立ち上げた当時を振り返っての発言】

相手の気持ちが分からずに、人に好かれるわけがない。

両社の社員を融和させるため、お互いのよさを認め合うことを重視した。旧豊田通商出身者は、任された仕事をしっかりやる農耕民族型。旧トーメン出身者は、自ら商材を見つけ出して顧客を開拓する狩猟民族型だ。どちらの人材にも利点があるが、両者が学び合うなかで、両方のよさを持ち合わせたハイブリッド型も生まれている。
【覚え書き|トーメンとの合併について】

ページの先頭へ