ピエール・ナンテルムの名言|デジタル化により最も非効率なところが、最も破壊される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル化により最も非効率なところが、最も破壊される。


ピエール・ナンテルム の経歴

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これまでクルマを作る我々自身が、どこかで横着しているところがあった。もっともっとお客さんに何を提供できるかを考え、「造る喜び」を我々自身が感じて新たな価値を発見していく必要がある。

日本企業が真の復活を果たすには、モノ作りの技術力だけでなく、人々を魅了する「ブランド」作りの力が欠かせない。

人間にはミラーニューロンという、目にしたものを自分の脳内で鏡のように再現する神経細胞があります。別名、モノマネ細胞とも言われ、笑顔の人を見ると、自然と笑顔になってしまう。つまり、笑顔には人を笑顔にさせてしまう力があるということ。それによって人は、相手のことを「感じがいい」と思うのです。

人間が本当にパニックに陥る状況は2つしかありません。ひとつは食べるものがないとき。もうひとつは命の危険にさらされるときです。靴下が破れていたってパニックにならないでしょう。

「初対面では第一印象が大事」と言うと、「どう取られるかは相手次第」という受け身なイメージを持つ人が多いのではないかと思います。そのため、多くの人は「見かけがいい人ほどいい印象を持ってもらえる」と考え、「自分はそれほど見た目がよくないから……」と諦めてしまったりします。けれども、実際には相手が抱く第一印象は、こちらの働きかけ次第でいかようにも変えられます。

企業成長と生産性を測るベンチマーク(指標)が、社員1人当たりの経常利益だと考えています。

ただ黙って上司の仕事を安請け合いしていると、上司の便利屋さんになるだけで、自分の仕事は終わりません。便利屋だと思われていると、本当に重要な仕事を振ってくれなくなる恐れもあります。新人のときには、任された仕事を確実にこなすことが必要でしたが、中間管理職ともなれば、「仕事を選ぶ」といったスタンスを取ることも大切です。難度が高く、「あいつにしかできない仕事」だけを振られる人材になってください。

ページの先頭へ