ピエール・ナンテルムの名言|デジタル技術を活用した新たなビジネスモデルの構築を、多くの企業が求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル技術を活用した新たなビジネスモデルの構築を、多くの企業が求めている。


ピエール・ナンテルム の経歴

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

冷静になって考えてみると、致命傷を負うような失敗って、そんなにないんですよね。だから、怖がり過ぎないで、気楽に試してみる。失敗してもカラッと受け入れる。これを繰り返していくことが、大事だと思います。

創業者が東洋陶器という社名に込めた思いは、日本でつくった商品を東洋に広めて生活の向上に貢献したいというものです。早くから海外へ進出したのも同じです。企業規模の拡大よりも、「ちょっと変わったブランドだな」と思ってもらいたいのです。

原理原則で考えれば、社会に役立つ何かを提供していれば結果として利益が生まれるはずです。赤字企業は社会の資源を無駄遣いしているうえに、社会に経済的果実を与えていないと言えます。

最初に好感触を得たからといって、それだけで契約が取れるわけではない。少しでも油断して、電話だけで「宜しくお願いします」なんてやっていると、いつの間にか話がひっくり返ってしまうことは日常茶飯事。契約書にサインするまで、また、売買や融資の契約であれば口座にお金が入金されるまで、気を許すことはできない。詰めが一番重要であり、最もエネルギーをかけるべきところだ。

農業は「きついのに儲からない」と言うけど、大間違いだって。「儲からない」ってみんなが言い過ぎるから、そういうイメージになってるだけ。きついのは確かだけど儲かる。何でかって言うとカネを使わなくなるから。1日農作業すると、疲れてすぐ寝ちゃうんだよね。昔は暴走族の総長として鳴らした俺でも、クタクタになるし。仕事が終わってから、他のことをする余裕なんかない。だからお金を使わない。それから野菜は畑で手に入る。だから食費が安くなる。そりや会社勤めをしていた時に比べると収入は減るだろうよ。でも生活費も少なくなるので貯金は増える。

ビジネスの世界でも、最後の最後に結果に残すために必要なのは、「妥協しない気持ち」ではないでしょうか。その気持ちは一朝一夕では身につかない。普段からの意識の差が、勝敗を分けるのではと思います。

働きはじめた当初は誰でも、「この仕事にはどんな意味があるのだろうか」「どうすればもっとうまくできるのか」と考えながら仕事に取り組んでいたはずです。ところが、経験を積んでいくうちに仕事を効率的に片づけることばかり考えるようになり、質を置き去りにしてしまう。これでは量を処理できても、お客様を感動させることはできません。

ページの先頭へ