原田泳幸の名言|戦略には答えはない

戦略には答えはない。目的や理念は不変でも、戦略は刻々と変わっていかなければいけない。

原田泳幸 の経歴

原田泳幸、はらだ・えいこう。「日本マクドナルド」社長・会長、「ベネッセ」社長。東海大学工学部卒業後、日本NCR、日本ヒューレットパッカード、油田開発のシュルンベルジェ、アップルの日本法人社長、米国アップルの副社長を経て日本マクドナルドに社長としてヘッドハントされた。またベネッセの社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

センスがなくてもヒット商品は生み出せる。


我々のビジネス範囲は「安全安心」なので、社会にニーズが顕在化してから対応していたのでは遅いのです。ですから、一般に言われる「ニーズに応える」というのとは、少し異なります。


実際には自分に自信は持ちきれていないけれど、上に立つ立場として、何か言わなければいけない。そんな場合に、過剰に否定的に相手を従わせようとしてしまう。自分のほうが上だ、相手にケチをつけたいという心理は、弱さの表れといえます。


同じタイプの部下を競わせると優劣が露骨に出てしまうが、違うタイプなら成果の質に違いも出てこよう。そこをうまく操れば、二人の競争意識は高まり、仕事へのモチベーションも高まるというものだ。


アレもコレもと、アピールポイントをいくつも演出すると、印象が散漫になります。逆に1つか2つに絞り過ぎても、弱くなります。3つくらいがいいでしょう。


資本提携した会社とは上下関係を作りません、対等です。「買収」という言葉は使いません。「仲間作り」です。子会社ではなくグループ会社です。


人間は、恥ずかしさという思いに比例して進歩する。恥ずかしいと感じることから進歩は始まる。監督になってからも選手たちに「プロとして恥ずかしくないのか」と声をかけてきた。


今後はグローバルで、PC市場のプレーヤーは減少してくるものと見ています。その中で私どもはPCにこだわっていきます。PCを含めたICT(情報通信技術)デバイスをコアビジネスにしながらも、その一方で「ポストPC」への模索は続けていきます。


すんなり話が聞けるとは限りません。事件現場のマンションの住人の方に話を聞こうと、すべての部屋のチャイムを鳴らしてお願いしたこともありました。しかし、そうした苦労をしても、相手が心を許して本音を聞かせてくれたときは本当に嬉しい。現場から視聴者の方に湯気が出るようなニュースを伝える喜びに目覚めたのも、30代のことだったと思います。


世界経済は不安定で先が読めませんが、日本の産業はリスクを取って前進していくしかない。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ