冨山和彦の名言|組織のリーダーにとって最大のチャレンジ

誰もが、長年培ってきた経験則や成功体験という色眼鏡をかけている。それをどこまではずし、白地でファクトを見つめられるかが、組織のリーダーにとって最大のチャレンジである。

冨山和彦 の経歴

冨山和彦、とやま・かずひこ。日本の経営コンサルタント。東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、卒業後ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に入社。スタンフォード大学経営学修士(MBA)取得。BCG日本法人社長を務めた。その後、コンサルティング・企業再生会社の社経営共同基盤を創業。以後、数多くの企業再生に携わった。主な著書に『指一本の執念が勝負を決める』『会社は頭から腐る あなたの会社のよりよい未来のために再生の修羅場からの提言』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ノウハウを伝え、同じ志の弁護士を増やしたい。一種の使命感です。
【覚え書き|企業再生の仕事を精力的にこなしつつ各地で講演を行っていることについて】

村松謙一の名言|同じ志の弁護士を増やしたい


伝わる話し方を習得したいなら、できるだけ人前で、ノーペーパーで話す経験を積むとよいと思います。ノーペーパーで話そうとすれば、多くのことは話せないので、テーマやポイントを絞ることになります。それが結果的に伝わりやすさにつながります。はじめは誰もが失敗しますが、失敗してもいいんです。間違えたら後で言い替えればいいわけですから。

大山健太郎の名言|伝わる話し方を習得するには


お客様の信頼を獲得し、新たな不動産の価値創造、都市再生に役立つ街づくりを行っていくには、我々自身が常に企業品質を高めていかなければなりません。そのためには、まず社員一人一人が、自社が担っているミッションや社会における商品価値に対し、誇りを持つことが重要です。

岩沙弘道の名言|一人一人が自社のミッション、商品に誇りを持つことが重要


事務所を借りなくても自分のアパートで事業は出来ます。組織を作らなくても、最初は自分一人でも構わないのです。形式に捉われすぎると、形を作るだけでお金が掛かる一方です。つまり、基本的には借金をしないで出来る、事業方法を考えるべきなのです。格好をつけていたら駄目です。最初から立派な事務所を作ったりしては成功は遠のきます。成功するかどうかは形式によっては決まりません。

福嶋康博の名言|形式に捉われすぎると、形を作るだけでお金が掛かる一方


経営者は常にイノベーションを考えなくてはいけない立場なので、既成概念にとらわれない発想が必須なんです。私は常に学習スイッチをONにして情報を素通りさせないようにしています。

伊藤正裕の名言|経営者は既成概念にとらわれない発想が必須


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ