冨山和彦の名言|組織のリーダーにとって最大のチャレンジ

誰もが、長年培ってきた経験則や成功体験という色眼鏡をかけている。それをどこまではずし、白地でファクトを見つめられるかが、組織のリーダーにとって最大のチャレンジである。

冨山和彦 の経歴

冨山和彦、とやま・かずひこ。日本の経営コンサルタント。東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、卒業後ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に入社。スタンフォード大学経営学修士(MBA)取得。BCG日本法人社長を務めた。その後、コンサルティング・企業再生会社の社経営共同基盤を創業。以後、数多くの企業再生に携わった。主な著書に『指一本の執念が勝負を決める』『会社は頭から腐る あなたの会社のよりよい未来のために再生の修羅場からの提言』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

不況のときには常に「仕事量の確保よりも価格を守れ」と言ってきました。価格さえ守れば、次の好況の波に乗れるからです。不況のとき、仕事ほしさに価格を下げてしまうと、忙しくなったからといって価格を元に戻せません。下げるのは簡単だけれど、上げるには大変なエネルギーが要るので、絶対にやるべきではない。

あまり儲けられない人が勘違いする点なのですけど。夢を見て投資をしてはいけないのですよ。企業は、昨日も今日も存続しているのです。それを夢 と言って、投資する人が勝手な期待を膨らませて、目を曇らせるからいけないのです。冷静に、昨日の数字、今日の数字を見て判断する。そうして下がりきっ た割安株だけを買うようにする。そうすれば、投資で失敗する危険性は、とても少なくすることができるはずです。

海外展開では、現地のコメを使って現地の工場で生産し、現地の人材に経営も任せるのが基本的な考えです。商品も現地に合わせて開発します。

「番組が放送される30分しか生きている気がしません」という手紙をいくつももらった。その子らにとっては、アニメーションだけが生の実態を得られる瞬間だったわけだ。僕はそんな子供たちに、カタルシスを与えることがこの仕事の社会的使命だと教わった。だが、それだけで本当にいいのだろうか、という思いも同時に抱えていた。

我々の持っている天性で、徳となり得ない欠点はなく、欠点となり得ない徳もない。

思い切って、自分のやりたいことを見極めて、勇気をもってどんどんチャレンジしてもらいたい。みんなの価値観に合わせて、同じものを追い求める姿では、最終的に自分が納得するような人生を歩めないのではないか。

当社では定期的に企業倫理アンケート調査を行っていますが、「仕事に誇りをもっている」と「社会に貢献している」との回答は毎回高い。これが私たちの何よりの強み。創業以来137年間受け継がれた伝統でしょうね。

(支社長クラス約半分を入れ替えた)年度初めに、その支社長全員と本社の幹部が集まった席は、非常に衝撃的で面白かったですよ。ベテラン連中にすると、「あいつ誰だ?」と知らない新人支社長がいっぱいいるわけです。いままで長期間支社長をしていた連中も、「これはヤバい、社長は本気だ」と一種の危機感を持つようになります。新人同士も励みになり、リーダーが活気づくと支社の職員も元気になります。しかし、すべてが上手くいくわけではなく、1年以内に元の副支社長などに再度異動させたものが10人くらいいました。組織として人を育てるにはそれぐらいしなければダメです。
【覚書き|大同生命社長時代に、100人ほどいた支社長クラスの約半分を入れ替える大胆人事をした効果について語った言葉】

多様な価値観の時代に入り、時に価値観が乱れ、混乱の様相も見える今日、どう生き方や働き方の座標軸を構築するかが今、問われている。自然に対する見方、自然と人との共生といった価値観、あるいは自然観、歴史観といったものを、もう一度見直す時ではないかと思う。

心的な疲れを癒やすには、適度な運動、精神的ゆとり、遊び、おしゃべり、笑いなど、心的疲労を癒やす資源が必要不可欠。時間がたてば自然に消えていくものではありません。

ページの先頭へ