松下幸之助の名言|熱意があれば、まわりの人がその熱意にほだされる

このエントリーをはてなブックマークに追加

熱意があれば、まわりの人がその熱意にほだされて、みな一所懸命やりますよ。なんぼ賢い人でも経営に熱意をもっておらんと、まわりが動かん。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

難しさは同じものが出来ないこと。作る度に、より良いものにしていきたい。形だけであれば、3年で出来るが、良い作品となれば5年でも難しい、挑戦となれば一生になるはず。

事業の取捨選択の基準は、その分野で競争力を持ち、戦っていけるかどうかという点。素人が出て行ったとしても、世界の競争で勝てるはずはない。生き延びるために、自分の力が発揮できる市場や製品群を見つける、「読み」ですね。

当社のサイトは毎月3500万件もの検索件数があります。これは業界ナンバーワンです。そこで使われたキーワードやデータから何が求められているかを分析して、自社のサービスや、世界に散らばっている写真家たちの撮影テーマにフィードバックをかけています。そういった検索データによるニーズ分析とフィードバックが、実は当社の最大の強みではないかと思っています。

お客様の素直な気持ちをお聞きするためには、まず警戒心を解くことが不可欠。

感銘を受けた文章や大事なところをノートやパソコンに書き写すと、本の知識が頭や体にしっかり根づく感覚があります。それが休みのリラックスしているときにふと蘇り、社員向けメッセージに生きるわけです。

「表情を描くってどういうことなんだろう」って、いまだに悩んでます。

何かを語るとき自分のやり方がすべてだと思ってはいけない。

ページの先頭へ