松下幸之助の名言|カンが必要ないということには決してならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

カンでいいときと、カンではなく科学的なものでないといけないときがあるわけです。しかし、カンが必要ないということには決してならない。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

海外で仕事をするためには日本人としてのアイデンティティ、自国に対する知識も持たくてはなりません。知りません、わりませんでは自国のことを知らない根無し草とバカにされてしまいます。

私は講演のとき、必ず参加者からのアンケートに目を通します。そこから自分の現状の課題も見えるし、成長実感もつかめます。そうやって小ジャンプの成長実感を持てれば、やる気も長続きするものです。

スバルでは、開発がほぼ終了してからも2~3カ月を足回りや乗り味のチューニングに費やしています。開発の効率化を進める業界の潮流の中にあって、ここまで突き詰めている会社はそれほどないでしょう。

読者が「キュンキュン」してくれるとうれしいです。描いている方も「キュンキュン」しながら描いているので。「キュンキュン度合い」が高いと描いていて面白いですね、やっぱり。

最新情報は現場にあります。管理職としてどんなに忙しくても、ここぞというときは現場に行きます。

子供の親御さんから「うちの子はやる気がないんですけど、どうしたらいいでしょう」という相談を受けます。そこで私が、「365日ずっとやる気がないですか?」と聞くと、「そういえばクラブだけは一生懸命やってます」などと返ってきます。どんな人間にもやる気があって、そのスイッチがオンになっているときと、オフになっているときがあると私は思っています。そのスイッチがいつオンになるかは人それぞれなので、こちらのタイミングややり方を押し付けるのはよくないとも感じています。

おしゃれで注意して欲しいのはドレスマナーです。ドレスマナーとは「知性」、「健康感」、「感性」の三要素が揃ってなくてはいけません。

ページの先頭へ