松下幸之助の名言|社長の熱心は、社員にうつる

このエントリーをはてなブックマークに追加

社長の熱心は、社員にうつる。熱心にやっておるから、皆がそうなる。我がことのように、皆がやっていくようになる。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

実際のところ、企業が地域に入り込むのはそう簡単ではありません。使う言語も違うし、企業に対して距離感をお持ちの産業もある。当社が「復興応援キリン絆プロジェクト」で東北の被災地の支援をしていった際には、日本財団に協業をお願いして力を借りました。各地域の問題を理解し、実働部隊としての蓄積があり、行政と強固なネットワークを持つ日本財団と協業できたことで、地域の水産業との連携がスムーズに進みました。

化学を学んだことによって、何でも「なぜ」と追求する習慣や、ものごとの考え方が身につき、30年以上の会社生活でも役に立ってきたと思います。

商品のリニューアルで大切なのは、核となる要素は変えずに、それ以外の部分を変えること。

大勢の人に来賓扱いされているようなときでも、私はできるだけ末端で働く人々に歩み寄り、握手するようにしています。人間としての彼らは、「末端」でもなんでもありませんから。

未来を想像して不安になるよりも今が大切。今をつくることが一秒先の未来を確かなものにする。

部下のモチベーションを一番上げる方法は、仕事を任せること。

世の中のあらゆる物事は、混乱を乗り越えて初めてより高いレベルに到達する。裏を返せば、「混乱のない組織は進化しない」ということ。

ページの先頭へ