宇佐美里香の名言|試合の良し悪しは、すべて練習の結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

練習と違うことを試合でいきなりやることはできないので、試合の良し悪しは、すべて練習の結果なのです。


宇佐美里香 の経歴

宇佐美里香、うさみ・りか。日本の女性空手家(形)、空手指導者。東京出身。10歳から空手を開始。全国高等学校空手道選手権大会で優勝。国士舘大学卒業後、鳥取県教育委員会で働きながら空手を続け、全日本空手道選手権大会優勝5回、世界空手道選手権大会優勝を達成。引退後は後進の指導にあたった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

グランドに出たなら、先輩後輩の序列はないんだ。

狩りの犬 獲物を追って どこまでも

全然、相手のパンチ力が違ったね。それだけじゃなく身長から体格まで違った。背が高いからパンチが届かないんだ。でも、そんなに人間変わらないと思って闘うしかない。
【覚書き:フライ級からバンタム級に移ったときの発言。その後、世界フライ級に続きバンタム級でも世界チャンピオンを獲得した。】

私の一番好きな言葉は、努力だ。私のモットーとしている。単純な言葉だが、何を始めるにせよ必要なのはこれ以外にないと思う。そして自分の苦しさ、悩みなどは口に出して言うべきものではないだろう。それはひとりで心の中にしまいこんで耐え、戦うもの。そして戦い終わったのちは、ケロリとしてなんでもなかったような顔をしているものだと思う。

長期的な成功というのは、そこに至るまでの過程での小さな勝利の積み重ねの結果であり、絶えず進歩を追い求めていけば、小さな成功が大きな成功と目標の達成につながる。

私はプロレス修業時代、誰よりも大きな欲を持とうと思い練習した。だからつらいことにも耐えられた。苦が苦ではなかった。そして、プロレスラーを決して派手な仕事だとは思わなかった。外見は派手でも、地味な、文字通り汗と血だらけの練習に明け暮れたからで、少しも楽に生きようなどと考えてはいなかったからである。

やらされているのは嫌なものです。やらされて上手くなる者はいません。

ページの先頭へ