室伏広治の名言|時間がない中で新しい練習方法を考えることは生きがいで、そこに楽しさがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間がない中で新しい練習方法を考えることは生きがいで、そこに楽しさがある。


室伏広治 の経歴

室伏広治、室伏アレクサンダー広治、むろふし・こうじ。日本の陸上選手(ハンマー投げ)、スポーツ科学者。父はアジアの鉄人と呼ばれたハンマー投げ選手・室伏重信。母はオリンピックやり投げルーマニア代表セラフィナ・モーリツ。静岡県出身。中京大学体育学部卒、同大学大学院で体育学の博士号を取得。父が打ち立てたハンマー投げ日本記録を更新。アテネ五輪で金メダル、ロンドン五輪で銅メダルを獲得。アジア史上初の投擲種目金メダリストになった。また東京医科歯科大学教授を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕はいつだって強くなればなるほど、一生懸命やればやるほど、向上する部分はさらに広がるものだと思っている。僕はもっと強いサーブが打てる。もっといい動きができる。もっとアグレッシブなショットを打てる。

大切なのは身体の大きさではなく、ハートの大きさだ。

人間の値打ちは失敗するかしないかでなく、失敗から起き上れるかどうかによってきまる。一度してしまった失敗は、もう帰ってこないけれども、同じ失敗を繰り返さないよう努力し、新たにやり直すことはできる。自分は駄目な人間だと思い込んだとき、人間は本当に駄目になるものである。

最初から「我、我を欲せず」などという悟りを開く男はいない。私は、若くしてそのように言い、行動する若者に不信感を覚える。なぜ、己の体で知る前にそのように思い込むのだと。

冷静さを保ち、精神を集中して、興奮しすぎないよう、そして疲れないように務めた。
【覚書き:98年鈴鹿でのレース前を振り返っての発言。】

よく、これがもう俺の限界だと弱音を吐くやつがいる。限界だ、限界だと口癖ではなかろうかと思うくらい、限界の二文字を口に出す。私に言わせれば限界なんて言葉はこの世の中にはない。限界と言うから、限界ができるのだ。

向上しなければ、下降するだけだ。

ページの先頭へ