鈴木敏文の名言|重要なのは相手を尊重する精神

このエントリーをはてなブックマークに追加

重要なのは相手を尊重する精神。国も商売も家族も、相手の立場で考えれば、その時代に合った対応が取れるはず。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ものづくりのプロとして、よりよい手法が見つかればいち早くお客様に提供するのが当然です。

企業というのは従業員たちが幸福になる仕組みでなければ、長く存続しない。

眠れぬほど、株を持つな。
【覚書き|モルガンは鉄道などの大きな産業をいくつか選び、その産業の株を集中して買い占め経営を支配するという手法を得意とした】

コミュニケーションの少ない職場を変えるには、定例会議や研修の場で、改善提案をすること。活気ある職場のビデオを観て、どこがよかったか感想を述べ合う。「感謝は必要だね」「協力し合う姿勢ができていていいね」などとメンバーが発言することで、「なんだ、みんなもそういう職場がいいと思っていたんだ」と理解しあえてぐっと距離が縮まります。

会社組織の中ではほとんどの人がリーダーであると同時にフォロワーです。優れたフォロワーシップのある人でないと人はついていかない。

日本はインカム(収入)も多いけれど、人並みに暮らそうと思うととてもコストがかかる国なのです。したがって、インカムが増やせないなら「何を諦めるか」を考えるべきです。

日本人が苦手なのは、大きな絵、「グランドデザイン」を描いて、それを実現するための道筋を含めた部分。これがなかなかできなくて、欧米人の得意とするところです。

ページの先頭へ