鈴木敏文の名言|でもね、世の中は変わるもんです

このエントリーをはてなブックマークに追加

今の日本は、あまりに過去の延長線で来ちゃっている。でもね、世の中は変わるもんです。適応する形を取っていかないといけない。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勝ち残っていくためには、前提をリセットして考えなくてはいけない。ややもすると現状の延長線上の発想が出てきますから。

何の営業であれ、先方は最初、何を売りつけられるんだろう、騙されないようにしないと、と少し身構えているものです。その鎧を上手に取り除くトークができれば、「また会ってもいいかな」と思ってくれるでしょう。それを成功させるためのキーポイントは、誠実さ。なんとか相手のお役に立ちたい、という気持ちです。今さら誠実って言われても、手垢のついた言葉に感じるかもしれませんが、結局のところ、これに勝る武器は見当たらないのです。

普段の地道な努力が、ホテルを危機から救ってくれた。

私たちは元いた場所に戻ることができないのもまた事実です。ここにジレンマがあります。

仕事のスピードを上げるために行なった具体策は、次々にデッドラインを引くことでした。仕事を細かく分類し、第一段階の締め切りは明日、その結果を見て第二段階の締め切りはその翌日という具合に、締め切りで区切ることによって、作業のスピードを上げるようにしたのである。

社風を変えるうえで大きな役割を果たすのが、経営陣や幹部社員の言動。

我々がいま増やしている海外での大型開発は、これからも続けていきます。いい宣伝になりますし、私も作っている間は非常に楽しいですから。計画を練っていくのは非常に面白いですよ。

ページの先頭へ