スティーブ・ジョブズの名言|素晴らしい仕事をする唯一の道は、それを好きになること。

このエントリーをはてなブックマークに追加

素晴らしい仕事をする唯一の道は、それを好きになること。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ハワード・シュルツの退任後、外部から迎えた後任のCEOが効率を優先させ、コーヒーの味やサービスの質が低下しました。当然、業績も低迷していきました。そこで、復帰したシュルツが最初にしたのが、7項日からなる新しい行動規範の発表でした。「コーヒー」というスターバックスの原点に立ち返るためです。

どんなに素晴らしいビジネスモデルであっても、経営者が私利私欲にまみれていたら失敗します。当社の投資の成功確率が高い理由は、私が一人一人の経営者と面談し、志ある経営者の企業にしか投資していないからではないでしょうか。

現場主義を掲げる経営者は決して少なくないでしょう。ただ私の場合は、それをさらに徹底した「超・現場主義」です。現場の声に耳を傾けるという程度ではなく、自分が店舗に直接行って、社員やメイト(アルバイト)さんの様子をこの目で確認しながら、ときには自分も一緒に働くことで、ココイチを舵取りしてきました。

一時は日本人らしさを出してはいけないような雰囲気がありましたが、もうそういう時代ではありません。海外で活動するには、日本人の骨格を意識して、それを他国よりも競争優位につなげることが大事なのではないでしょうか。

ひとつの業態だけだと、いざその事業が厳しくなると苦しくなりますが、いくつかの事業の柱を持っていれば、新しい柱を作ることができる。

上司世代は部下への期待感を、与える仕事の大きさで示す傾向があります。期待をかけている部下に大きな仕事を与えることで、達成感を得たり、給料アップや出世のチャンスをつかんでほしいと考えているわけです。しかし部下世代からすると、上司の過度な期待は発奮の材料にならず、むしろプレッシャーになってしまいます。そこで大きな仕事をひとつ任せるのではなく、小さな仕事を同時並行で担当させ、プレッシャーを軽くしてあげましょう。「チャンスは小さく、数多く」です。

我々にはお客様の売上と利益をどう確保していくか。それに対する販路拡大のアドバイスが求められています。中小企業は技術や商品を組み合わせ、どう最終的な仕事に結びつけるかというところがやっぱり弱い。ほかの会社との連携機能、お客様のニーズにどうコミットさせるのか。信金業界に全国ネットワークを確立したいと思っています。

作ってみたら新しい習慣として世の中に普及した。そういう製品を探してみればいくつもある。どんな製品も、最初は高度な技術で開発されたというより、あった技術をなかった用途に転用して、社会がその用途を後から認知するようになったものが少なくない。製品ができる最初の過程はそういうものだ。

昔のソニーはその製品を使ってどんな体験ができるかということを提示するのが上手でした。「ウォークマン」は、どこにいても自分の世界が常に音楽に包まれているという、それ以前にはなかった体験をユーザーに提供したのです。

お金持ちがトラブルに強いのは、物事にトラブルがつきものだと知っているから。だから、損切りができるし、準備も怠らない。ある程度はこんなミス、トラブルがありそうだと考えて備える。対策を立てておく。

ページの先頭へ