スティーブ・ジョブズの名言|素晴らしい仕事をする唯一の道は、それを好きになること。

このエントリーをはてなブックマークに追加

素晴らしい仕事をする唯一の道は、それを好きになること。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「あなたにとってお金とは何ですか?」と利かれたときに、間髪入れずに応えられることは、非常に重要だと思います。その答えに、お金とどう付き合っているかが如実に表れるものです。

いまのような変化の時代は、組織のタテの力が弱くなるのです。実際に、タテの束縛が緩くなってきています。実力のある個人にとっては、自由度が大きくなってきたわけですから、その方がいいと思います。

百貨店にとって重要なのは「お客様の生活にどれだけかかわっていけるか」ということです。お客様の生活に徹底的に関わり合いを持たせていただくために、三越、伊勢丹それぞれのよさを店頭でどのように活かしていくか。それが、今後の課題になると思っています。

何かを成さんと思うとき、そこには必ず定石というものがあると思うのですが、それはあくまで過去のものであり、状況は必ず変化しているはず。そこを考慮せずして未来には進めません。

目的や場面によって、話し方のスタイルを使い分けられる人こそ、本当にコミュニケーション力が高いといえるでしょう。そういう人は、ビジネスパーソンとして大きな強みをもっているといえます。

一念発起してフルコミッションの生命保険営業マンに転身し、自営業をスタートさせたはいいものの、最初は売り上げが上がらず、経済的にも精神的にも追い詰められる日々が続きました。そんな僕が、半年間で月収を1万倍にすることができたんです。簡単に言うと、自分の過去は捨てて、上手くいっている人を徹底的に真似しました。ロールモデルを見つけて、親しくなって、話し方や姿勢、服装に至るまで、標本のように勉強するんです。

うるさい上司の下には、くだらないミスをする部下は育ちません。そういう上司は嫌われますが、部下は間違いなく育ちます。私は経営者になり、「憧れのお姉さん」をやめたとき、嫌われてもいい、いつか分かればいい、と腹をくくり、覚悟を決めたのです。

ページの先頭へ