スティーブ・ジョブズの名言|素晴らしい仕事をする唯一の道は、それを好きになること。

素晴らしい仕事をする唯一の道は、それを好きになること。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営会議の内容は議事録にして、各地の事業所長にも回します。議事録というと、個条書きで簡潔に整理されたものがよくありますが、字面を見ても議論の経過はわかりません。誰がどんな議論をし、それに対して誰がどう答え、どんな議論を重ねて結論に至ったのか、しっかり書きとめて伝えます。それを読めば、出席していなくても議論が揉めたのかどうか、どんな考え方で集約されていったのか手に取るようにわかります。この情報を共有することで、思考のベクトルが揃い、事業所での意思決定も迅速に行われるようになるのです。

普段の練習の積み重ねが大事。近道やマジックはない。

どうやって危機意識を持たせるかが、一番大きな問題。

仮にも志というものが立ったら、なすべきことで行うべきではない事柄はなく、また、それを行うべきではない土地はない。

ブランド育成で大事なのは情熱を持つことです。自分がやっていることは正しいと信じて、熱意をもって挑戦し続けることが大切です。

他人のせいという発想からは決して成長は望めない。

いろんな企業とのアライアンス(提携)は今までもやってきましたし、これからも増やしていきたい。

逆境はあなたにとっての最も偉大な教師でもある。勝利から学べるものは少ないが、追い詰められ、苦しめられ、打ち負かされている時、あなたは大いなる知恵を得る。なぜなら、その時あなたにへつらう者は去り、それによってついに真の自分自身を知るからである。

周りもイエスマンが多くなってきてますし。気を遣ってディレクションしてもらい、昔みたいに怒られることも少なくなってきて、「あっ」と気づかされることもなくなってきたから。自分らで気づいていかないと。そういう意味で、昔のことを振り返るのも悪いことではないな思うてますけどね。

人生必ず良い時もあれば悪い時もある、悪い時もあれば良い時もある。

私は、確固とした自分があって、人生上の目的や夢を実現するために、会社という仕組みを使ってやろうと考えるタイプだ。自分の夢を叶えるために、何度も会社を移り、違った組織を率いてきた。僕なりの忠誠心はあるが、それは会社に対するものというより、仕事や職業に対するものなのだ。

将棋で奇襲はあまり役に立たない。一回は勝てるかもしれないが、それでおしまいなので、王道を磨いたほうがいい。

遅れを取り戻そうと無理をすると、さらに遅れてしまうこともある。そうならないために、計画は立て直すのが原則です。中断するまでに積み上げた実績や身につけた技量があるので、無理にペースを上げるより早くできます。

ページの先頭へ