スティーブ・ジョブズの名言|原動力は製品であって、利益じゃない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

原動力は製品であって、利益じゃない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これまでのやり方を踏襲していたらシェアは落ちるだけ。今までになかったものをつくる。

いまや世界で高度な技術を必要とする工作機械を製造できるのは日本とドイツしかありません。次が中国。つまり世界中のあらゆる製造業が、我々の製造する機会を必要としています。工作機械メーカーほどグローバルに企業活動を展開している製造業はないでしょう。

眼鏡というのはコモディティ化が著しい商品だと思う人が多いでしょう。たしかに、中国が日本の数十倍もの生産量で価格競争力を高め、世界に輸出しています。生産量が増えれば必然的に技術力も備わってきます。私どもが本社を置く福井県鯖江市は、国内の95%を生産する眼鏡産業の集積地ですが、最近地盤沈下が目立ちます。しかし、そんな中でも圧倒的な技術力や、商品力を備ええていれば、世界で勝負することは可能です。

私は上辺だけまねるやり方が大嫌いだ。もっと自分の深いところを見て、変えようとしなければダメだ。

気を配っているのはただ一つ、社員のやる気を損なわないようにすることです。組織の長が軽率なことを言って、伸びようとしている芽を摘まないように神経を使っています。

鳥放題が目指しているのは、回転寿司です。もともと寿司も回転寿司が出てくる前までは高級品でなかなか若い方やファミリーではいけませんでした。ただ回転寿司が出てきたことで、今ではファミリーが堂々と食べられるようになりましたし、メニューも昔だったら寿司好きの人たちに煙たがられるようなアレンジ商品も、今では受け入れられるようになっています。ですから焼き鳥もそうなるのではないかと思ったのです。

チャレンジ精神とは、言葉をかえれば、世の中のあらゆる事象に興味を持つということです。ひとつの工程を手掛けていても、最近は川上や川下の工程すべてに関わるような仕事が増えています。すると、与えられたパーツだけを突き詰めていくのではなく、全体に目配りした仕事ぶりが必要になります。逆に全体を見ることができなければ、それ以上の成長は望めません。

ページの先頭へ