スティーブ・ジョブズの名言|原動力は製品であって、利益じゃない。

原動力は製品であって、利益じゃない。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が一番心がけているのは、「シンプルにわかりやすく話す」ことです。難しい言い方をするのではなく、平易な言葉でものごとの核心をついてストレートに話す。それが最も相手に伝わります。

企業には必ずクレド(信条)がある。経営理念や行動指針、ミッションと呼ばれることもあり、その企業が大切にしている信条を言葉にまとめたものだ。マクドナルドのマニュアルには、あらゆる仕事に関して「何を、どんな手順でやればいいのか」だけでなく「なぜそのやり方が最善なのか」という行動の背景や理念も説明されている。その結果、マクドナルドが大切にしているルールをクルーが自然に会得していく。

日本のマーケットに対しては保守的な事業環境は感じます。ここが問題です。その結果日本でのビジネスを諦めたインドの企業もあります。しかし私たちは諦めません。日本の顧客は誠実で、同じアジアの企業ということもあり、話を重ねることで分かり合うことができると思います。弊社の顧客もそういった努力を認めてくださっています。

通天閣はとにかく「日本一おもろいタワー」を目指して、いろいろなアイデアを考えては投入してきました。おもろいの中身は大阪ならではの演出。こちらでは「コテコテ」と表現しますが、企画展示やイベントを「これでどないや?」というぐらいに繰り出してきたのです。

日本の飲食店の地位を欧米並みに高めたい。

利益を出すことが起業する者の当然の務め。

そのときに持っている目標を徹底的にやりきれるかどうかが重要です。その繰り返しが、だんだんとその人を成長させていくのだと思います。

従業員満足度を上げるためには、従業員の声を聴けるところまで聴くことが重要。

ゲームを支配し、勝つ確率を高めるためには、他の選手が何を考え、何を感じているのかを、よく理解している必要があります。同時に、こちらが考えたり感じたりしていることを、他の選手によく理解してもらう必要がある。そのためには、遠慮なく言い合うことが不可欠なのです。

経験にもとづく勘が大事。迅速に決断すれば、次の先手を打つことができる。理屈は後からでいい。

ページの先頭へ