スティーブ・ジョブズの名言|原動力は製品であって、利益じゃない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

原動力は製品であって、利益じゃない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビッグデータには落とし穴がある。データが増えると正確な予測がかえって難しくなる、というジレンマが生まれる。

私の個人的な意見ですが、株や為替の値動きに一喜一憂して、仕事が手につかなくなるようでは本末転倒です。普段の生活や気持ちが相場の変動で左右されるような投資は極力避けた方がいいでしょう。

ネット情報の問題点のひとつは、その情報に「ラベル」が貼られてしまうこと。たとえば竹田(恒泰)さんのことをネットで調べると、「右翼」「反中反韓」などというラベルが貼られた情報ばかりが出てくる。あるいは、「AKB」とか(笑)。こうした断片的な情報ばかりで、竹田さんのことをわかったような気になってしまうのは、非常に危険ですよね。

なかには怒りの感覚を自覚できない人もいます。よいことのように思われがちですが、怒りが自分でも気づかぬうちに蓄積されて、心や体に変調をきたすことがしばしばあります。自分の怒りに気づくことは、自分を守るためにこそ必要なのです。

重要なのは、自分の居場所に根を張りつつ、最先端にもアンテナを張っておくこと。そういうバランスの取れたマイペースさこそが大切。

ある乳業メーカーは、シラスの加工で地元の漁業者と共同で会社をつくって参入しています。シラスの釜揚げは、菌が発生しやすいので、これまで3日程度しかもたなかったのです。そこに、菌をコントロールするノウハウを持つ乳業メーカーの技術を借りて、5日間もつようになった。流通・小売業者からすれば、日持ちすると廃棄ロスが減るため喜ばれました。

軸ブレする上司では部下はやりにくい。でも、軸をブレさないことにこだわり、頭が固くなるのは本末転倒。ほかの人の意見をまったく聞かなかったり、状況変化に対しても、当初の予定を変更しないのは困る。柔軟性を保ちながら、部下が納得する一貫性を持つことが大事。

ページの先頭へ