本田宗一郎の名言|やってもせんに! とべ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

やってもせんに! とべ!
【覚え書き|本田氏の要求に「難しそうです」と答えた社員に対しての言葉。「やってもいないくせに、いますぐ行け(やれ)」という意味】


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マイクロソフトの営業を指揮したときは、古き良き「飲みニケーション」を大事にしてました。IT業界では珍しがられましたけどね。だって、マーケットがアメリカとは違う。昔からのメーカーや秋葉原の販売店がお客さんなんだから、相手に合わせるのは当たり前。

正直なところ、副業で稼げる人はほんの一握り。中途半端に取り組んでいる人を、マーケットは相手にしてくれません。どうせやるなら、将来本業にする勢いで、全力を注ぎましょう。

僕の場合、たとえば難局で苦しんでいるときでも精神状態を極めてリラックスさせ、楽しもうと局面を眺めているとき、無意識にふっとそういう手が生まれるんです。

日本人はつい「きちんと仕事をしていれば、必ず誤解は解ける」という甘い見通しを持ってしまいがち。しかし実際には、本人が釈明しないかぎり誤解は解けません。

環境がどうであろうと、自分磨きを怠らない人が成功する権利を得る。

何よりもまず、自分の仕事においてプロであることが大切です。仕事はできるだけひとつの分野を深くやること。その道を極めて、いい仕事ができるようになれば、周りの人からリスペクトされますし、「何かわからないことがあればあの人に聞こう」と頼られるでしょう。人に頼られると「これは頑張らなければならない」と、モチベーションが湧いてくるわけです。

部署や部門を越えた知り合いを増やしましょう。同期会の幹事を務める、同好会やクラブを立ち上げて参加者を募るなど、社内の交流を意識的に増やすこと。そこで普段接しない部署の人と積極的に関わり、仲良くなっておくのです。そうすることで、「わからないことを聞ける相手」が増えるでしょう。こうした人脈は、守備範囲外の出来事や予想外のトラブルに遭遇したときの助けとなります。

ページの先頭へ