孫正義の名言|坂道は、いかに苦しくても登っている時が一番楽しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

坂道は、いかに苦しくても登っている時が一番楽しい。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

組織の中に自分の責任を回避し、自己正当化して出世していく人がいると、周囲の人たちは疑心暗鬼に陥り、諦め感が強まります。「あんな人が出世するなんて、ちゃんとやっている私たちの立場は?」と、上司に対しても猜疑心が起きて組織を離れ、いずれは組織自体が崩壊してしまいます。

松下(幸之助)さんが「現地現場」を大切にしたように、私たち政治家も現地現場の声に、時には耳の痛い話にも耳を傾けることを忘れてはならない。

システムは、使うのも人であり、作るのも人。誰がどのように使うのかという、人のことを一番に考える誠実さが不可欠。

朝の行動が一番大事。出勤前の朝30分間は、自分の目標や夢について考える時間にあてます。大好きな音楽をかけて、気分をアゲアゲにして、自分にいま必要だと思う本を読む。1日の始まりを気持ちよく過ごせると、その日は生産的になりますよ。

アイデアの無い人間もサッカーはできるが、サッカー選手にはなれない。

自分に薄く、その余力をもって人のために尽くせ。

やってみてできなければやり方を工夫する。最終的な責任は俺がとる。

30代になったばかりのころ、僕は将来に対して漠然とした不安を抱えていました。そこで、思い切って仕事をしばらく休み、役者としての出発点であるロサンゼルスに行くことにしたんです。

「人の気持ちは変わるのが普通だ」ということがわかっていれば、裏切られてもショックは少ないはず。どんな相手に対しても誠実に、正直に接して、信念を持って仕事をすればいい。

私は交渉では、互いにウィン・ウィンの関係にすることがすごく大事だと思っています。会社と会社だけではなく、参加する人にとっても「いいこと」であるべきです。たとえば、そのときの合意内容が相手の立場を傷つけそうだと判断したら「社内で提案をあげていただくよりは、私の方から話をしましょうか」と持ち掛けます。その人自身が「評価されないリスク」を抱え込んでしまって、話が進まないという恐れがあるからです。

ページの先頭へ